欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】

昨年12月9日、響灘方面にオフショアジギング釣行をしました。 お世話になったのは、北九州市小倉北区・高浜港から出船の遊漁船・JacK(ジャック)

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

JacKにてオフショルアーフィッシング

予約の電話で「SLJとジギングとキャスティングと、タイラバもするかもしれないんですけど、できますか?」と、わがままな注文に、船長は快く「ほかのお客さんの迷惑にならなければ、可能ですよ」と言ってくれました。 事前に許可が必要ですが、いろいろやってみたい人や、数人でそれぞれやりたいことが違う場合には魅力的ですよね~! 午前5時30分に出港し、7時30分に釣り場に到着し、キャスティング練習とジギングです。

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

アヤメカサゴ連発に船中活気

風が強く、2回落とすともう底が取れません。 これでは魚を釣るのも厳しいと思っていると、知人のジギングにヒット連発!アヤメカサゴでした。 青物じゃないとはいえ、この状況での1尾は、やる気が出てきました。

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】ジギングにアヤメカサゴがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

SLJで40cmアコウをゲット

私も浅場でSLJに変更してみると、アコウがヒット!40cmほどありましたよ。 やった~!

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】SLJでアコウ40cm級(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

その後も魚群探知機には反応があるのですが、アタリが少なく苦戦していると、船長が遠慮がちに「タイラバはされないですか?最近タイラバの方が反応がいいことがあるんですよね」と、船長がタイラバを落とすと「すみません!やってしまいました!」すごい勢いでドラグが鳴っています。 完全に青物です。

タイラバ変更のアドバイス的中

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】イトヨリダイ手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

「よし、みんなタイラバに変更しよう!」即、全員一致です。 タイラバ・SLJのポイントに移動してもらいました。 イトヨリダイやマダイなどアタリも増えて、悪条件でも釣りを楽しむことができました。

ジギングで6kgブリと4.5kgサワラをキャッチ

「最後にジギングのポイントを回るので、打ちながら帰りましょう!」と、青物が釣れてない私たちへの配慮。 神様に見えました! 最終ポイントでシャクっていると、急にジグが軽くなり、巻きシャクリしてみるとヒット。 「やった、きたー!」知人たちも見守ってくれ、6kgほどのブリを釣ることができました

すぐに知人に釣れたタックルを貸すと、またヒット!4.5kgのサワラです!おいしい魚が釣れて「帰れる~!」と、つい満足して叫んでしまいました。

欲張りジギング&タイラバゲーム 6kg級ブリや良型サワラ手中【JacK】サワラ4.5kg浮上(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

同船は昨年5月から高浜港に移動してきて、北九州ではまだ認知度があまり高くなく、普段は土日メインで出船していますが、実は予約をすれば平日も出してくれるのです。 穴場の船を見つけてしまいました。 今なら少人数チャーターができちゃうかもしれませんよ!

それから女性は料金割引きでとても安く、トイレもきれいなので、ぜひ行ってみてくださいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
JacK
出船場所:高浜港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。