大盛況のサーフゲームでシーバスやマゴチを手中【愛知・細谷海岸】

大盛況のサーフゲームでシーバスやマゴチを手中【愛知・細谷海岸】

1月5日、愛知県豊橋市の細谷海岸に、釣友の水谷さんと2人でサーフフラット&シーバスゲームに出掛けた。満員のサーフでの釣果は果たして?

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

青物とヒラメ狙いのサーフゲーム

事前情報ではこの時期にしては水温が高く、青物が釣れているとのことで、狙いは青物とデカヒラメだ。水谷さんと午前3時半に集合して出発した。

大盛況のサーフゲームでシーバスやマゴチを手中【愛知・細谷海岸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

道中どの海岸で釣りをするか相談して、前回の釣行で良かった潮見坂海岸に行くことになった。当日の天候は晴れ。西高東低の気圧配置で、北西風が強い状況で体感温度は寒い。

潮見坂海岸も細谷海岸も満員

午前5時半ごろに潮見坂海岸に到着すると、正月休みとあって大勢の釣り人で駐車場がいっぱいで止められない。そこでポイントを変更して細谷海岸に行ってみると、こちらも大勢の人だが駐車スペースを発見。車を止めて支度をし、浜辺に出ると5m間隔でずらりと釣り人が並んでいる。

大盛況のサーフゲームでシーバスやマゴチを手中【愛知・細谷海岸】朝のサーフには釣り人がズラリ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

水谷さんと場所を探して歩いていると、途中ヒラメを釣り上げている人がいた。しかも50cmオーバー。うらましい!あれを釣りたいと、がぜんやる気が出た。少し明るくなってきて少し出遅れた感が・・。

30分ほど歩いて1人分空いているポイントがあり、そこで私はスタートした。水谷さんはもう少し歩き、100m先でスタートする。

シーバスやソゲから顔見せ

まだ薄暗いので、アピール力のあるチャート系14cmのミノーを沖の瀬に向けて第1投。リールを巻いていると少し重くなった。ゴミでも掛かったかと回収すると、フグが引っ掛かっていた。

リリースして第2投。沖瀬の向こうにルアーが着水し、リールを2回ほど巻くとゴン!キター。めっちゃ引く。巻いてくると、45cmのシーバスだった。幸先良すぎで、もしかして爆釣かと思ったが、そんなに甘くはなくルアーをとっかえひっかえするも1時間ほどアタリなし。

周りも釣れている様子はなく、そこでルアーをバイブレーションに変更して、リフト&フォールで探るとググッとアタリで久しぶりにヒット。釣り上げるとソゲ。小さいのでリリース。

40cmクラスのマゴチを手中に

午前9時を過ぎると周りの釣り人も諦めて帰っていく。水谷さんと合流すると、水谷さんも渋かったみたいでボラのスレ掛かりだけとのこと。

もう少しやってダメなら帰ろうかとなり、ルアーを30gのスプーンに変更し、投げてゆっくりとルアーを底付近で引くとゴンッとヒット。おー、キター!上がったのは40cm弱のマゴチだ。

大盛況のサーフゲームでシーバスやマゴチを手中【愛知・細谷海岸】諦めかけた時にマゴチがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

釣れたのでその後1時間ほど粘ったが、反応が得られず10時すぎに終了した。

最終釣果

釣果はシーバス、マゴチ、ソゲ、フグとさまざまな魚で楽しめた。初釣りにしては満足のいく結果だった。欲を言えば青物やデカヒラメを釣りたかったが、次回は釣りたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
細谷海岸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。