冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介

焼き魚は時間が経つと、冷めて身がパサパサになりあまり美味しくなくなってしまいます。そんな時に実践して頂きたい温めなおしのポイントと、ちょっとしたアレンジ方法をご紹介します。

(アイキャッチ画像出展:PhotoAC)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

冷めた焼き魚は美味しくない・・

鯛の塩焼きは、お正月や結婚式、成人式やお食い初めなど、お祝いの席に登場することの多いサカナ料理のひとつ。しかし、現実は、残してしまうこともしばしばあるかと思います。

どれだけ焼きたては美味しくても、時間がたつにつれて身がパサパサになってしまい、温めなおしても、なんとなく生臭かったり、べちゃついていたりで元の味には戻りません。

この原因は身の中の水分が時間の経過と共に抜けて行ってしまうから起こる現象です。せっかくの美味しいはずの鯛の塩焼きが、美味しくなくなってしまうのは非常にもったいないですし、捨ててしまうのも縁起が悪いですよね。

こんな状態になってしまった焼き魚を復活させるにはどうしたらよいのでしょうか?

焼き魚復活術

心配ご無用!パサパサの身を復活させる手段はいくつか存在します!ここからは、家庭によくある調理器具ごとに焼き魚を復活させる方法を見ていきましょう。

電子レンジを使う場合

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介 温めなおしと言えば電子レンジ(出典:PhotoAC)

普段、冷めたおかずを電子レンジで温めるときは、ラップをかけてから加熱すると思いますが、焼き魚にラップは言語道断!

ラップをかけることで水分がこもってしまい、魚の表面がパリッと仕上がらないだけでなく、匂いがこもって生臭い原因になります。

そのためラップをかけず、に表面の水分を飛ばすように温めましょう!最近ではスチーム機能が備わった電子レンジもあるので、上手にこの機能を使うことでさらにふっくら温めることが可能です。

しかし、蒸気を使うので、加熱しすぎると反対に水っぽくなってしまうため、要注意です。

魚焼きグリルを使う場合

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介焼き直しもグリルで(出典:PhotoAC)

一番簡単で失敗しにくいのは、魚焼きグリルを使用する方法です。

グリルを使うことで表面をカリッと仕上げ、こんがりとした焼き色をよみがえらせると共に、香ばしく仕上げることが出来ます。

しかし、火力の強い魚焼きグリルで中までしっかり温めようとすると、火力が強すぎるがために表面が焦げてしまう可能性もあります。そこで事前に電子レンジで軽く温めてから、グリルに入れることで調理時間を短縮することが出来ます。

その方が中心までしっかり温まり、表面が適度にパリッと焼きあがるため、焼きたてと変わらない仕上がりになります。

オーブントースターを使う場合

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介熱源が近いので焦がさないように(出典:PhotoAC)

グリルと同じ原理でカリッと仕上げるのなら、オーブントースターも優秀です。

しかし、グリルと違い熱源と魚の距離が近いため、表面だけが急激に加熱され、焦げやすくもあります。

焦げ付きが気になる場合やあまり慣れないうちは、アルミホイルで包んでから中火くらいで焼き、一度取り出してから、仕上げの1分くらいを直接加熱するとグリルと同様にきれいに焼くことが出来るでしょう。

フライパンを使う場合

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介慣れたフライパンが一番安心?(出典:PhotoAC)

焼き魚なのにフライパン?と思う方もいるかもしれませんが、クッキングシートを使うことで、焦げたり、焼きつくことなく温めることが出来ます。

普段あまり使わないグリルやトースターを使うよりも、慣れ親しんだフライパンの方が使い勝手がいい人も多いかもしれません。しかし、他の調理器具に比べて仕上がりのパリッと感はあまり出ないという難点もあるの要注意。

焼く前に日本酒をふりかけよう

冷めてしまった魚を温めなおす際、どうしても気になるのが、独特の生臭さです。身からにじみ出た脂が空気に触れることで、独特の生臭さの原因になります。

そんなとき、小さじ一杯程度の日本酒を調理の前にふりかけると、臭いを消し、身をふっくらさせることが出来ます。

温めなおす時は、このひと手間を怠らないようにしましょう。

冷めた焼き魚は美味しくない 再加熱方法とアレンジレシピを紹介日本酒が臭み取りになる(出典:PhotoAC)

次のページで余った鯛の塩焼きのアレンジレシピ3選を紹介