SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】

昨年11月30日、大潮。小倉港から案内しているガイドサービス・セブンを利用して、乗り合い11人でSLJ(スーパーライトジギング)に行ってきました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ガイドサービス・セブンでSLJ

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】当日のタックル(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

午前6時の出発に合わせてガイドサービス・セブンに到着。乗り合いの人にごあいさつをして、船に乗り込みます。1時間30分ほど船を走らせ、山口県下関市・角島沖に到着。

パラシュートを落とし、船長の合図を待ちます。「どうぞ、水深77m」と案内があり、みんな一斉に仕掛けを落とします。

SLJ実釣開始です!

イトヨリダイやマダイがヒット

朝マヅメにいいアタリがあるも、ラインブレイク。確認するとラインをきれいに切られていたので「サワラかな、次、頑張って」と、船長と笑いながら、ジグのMAKIE80gピンクを付け直してリベンジします。

着底から3巻き目にガツガツとアタリがあり、フッキング。上げてみると、いいサイズのイトヨリダイです。きれいな姿に、思わず笑顔になります。

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】イトヨリダイをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

隣でタイラバをしている人が「ちょっと大きいのが掛かったよ」とロッドを曲げています。頭をたたいているので「マダイみたいですね」と慎重に上げてきたのは、55cmのマダイ。

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】タイラバにヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

タイラバに70cmマダイ!

上層にシイラが湧き、釣ってはリリースでしたが、強烈な引きを楽しめ、ドラグがうなるシーンもありました。

「大本命がきたよ」と興奮気味の声が聞こえてきます。関東から「大きいマダイが釣りたい」と来ていた同船者で、待望のヒット。70cmのマダイに、船上も「やったね」と大盛り上がり。

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】70cmのマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

終日マダイなどが釣れ続けた

一日通してぽつぽつとマダイやレンコダイ、イトヨリに根魚が釣れ続け、楽しい大満足の釣行になりました。

マダイから青物まで、幅広く狙えるタイラバ&SLJ。皆さんもぜひ楽しんでくださいね。

SLJ&タイラバで70cmマダイなど魚種多彩【ガイドサービスセブン】ハタ類などの根魚も(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

<週刊つりニュース西部版APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービス・セブン
出船場所:北九州市小倉北区浅野3丁目
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。