オフショアジギングで90cmヒラマサなど大型青物の強引を堪能【司丸】

オフショアジギングで90cmヒラマサなど大型青物の強引を堪能【司丸】

12月半ば、福岡県糟屋郡・新宮漁港の司丸にお世話になって、オフショアジギングに出かけた。90cmヒラマサ含み、青物中心に釣果を上げることが出来た。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはインチクでヒラメ狙い

午前6時30分出港ということで、15分前に港に着いた。あいさつの後、道具やクーラーを積んで出港。10分ほどの近場のポイントに到着。

この船は森船長・福田副船長の2人体制。親切で細やかな対応をしてくれるので、非常に助かる。

まずは船長が「朝イチ、遊びでインチクを使ってヒラメから」ということで、仕掛けをセット。2回ほど軽くシャクった時にアタリがあったが、すぐにバラした。

サワラ狙いの電動ジギング

アタリを待つこと20分ほど、船長が「ジギングに行きましょう」と言い、40分ほど走ってポイント到着。

ジギングロッドに電動リールをセットし、ジグを取り付ける時に副船長が来て、手作りのフックを差し出して「これを使ってみて」と頂いた。

オフショアジギングで90cmヒラマサなど大型青物の強引を堪能【司丸】福田副船長作のフックで臨んだ(提供:週間つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

中にワイヤー入りだそうで、前回の釣行時、サワラに2~3回切られた経験を覚えていてくれて、作ってきてくれたのだ。

オフショアジギングで90cmヒラマサなど大型青物の強引を堪能【司丸】タックル図(作図:週間つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

電動で高速で巻いて、シャクっての繰り返し。楽だ。ポイントを外れると移動、また移動。

90cm5kgヒラマサが登場

何回か移動した後、ジグをボトムまで落として、2回シャクった時にフッキングして、待望のファーストヒット。力強く持っていかれ、ドラグからラインが出ていく。

少し巻いて出ていくのを繰り返していくうちに、弱ってきた。巻き上げレバーで楽々上がってきて、船長がネットイン。計量したら90cm、5kgのヒラマサ。

オフショアジギングで90cmヒラマサなど大型青物の強引を堪能【司丸】90cmのヒラマサをキャッチ(提供:週間つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

ポイントを移動しながらセカンドヒット。納竿までにヒラマサ1尾、ブリ3尾、アコウ2尾、アラカブ5尾の釣果。

<週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
司丸
出船場所:新宮漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。