遠州灘の赤い宝石『アカムツ(ノドグロ)』釣り 良型顔見せ【福徳丸】

遠州灘の赤い宝石『アカムツ(ノドグロ)』釣り 良型顔見せ【福徳丸】

12月半ば、静岡福田の福徳丸に乗船取材。遠州灘の赤い宝石アカムツ(ノドグロ)を狙った。潮が動き出す直前にアタリがあり、良型アカムツが好調だった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

福徳丸でアカムツ(ノドグロ)釣り

福徳丸は周年アカムツ狙いで出船。北は北海道、南は九州から足しげく通う常連がいるほど、この釣りに関しては信頼と実績がある。

6時集合、定刻に出船して天竜沖水深230mのポイントを目指す。ひと流し目、3本バリ仕掛けに船宿配給のホタルイカを付けて投入。オモリ着底後、こまめに底を取っていた右舷トモの冨永さんにアタリ。

巻き上げを開始すると、ときどき下へ突っ込む引きを操舵室の小窓から見ていた船長が「アカだな」とぽつり。その言葉通り、紺碧の海中から白っぽい魚体が浮いてくると、やがて赤色に変わる。

遠州灘の赤い宝石『アカムツ(ノドグロ)』釣り 良型顔見せ【福徳丸】良型をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤理)

掛かりどころを見て抜き上げたのは30cm超えのアベレージサイズ。同氏は、アカムツのほかキンメやアカイカ、ヒラメ釣りとグルメ派。「ここはほとんどオデコなし。乗船のたびハンコを押すスタンプカードを使うときがない」と笑う。

ピンポイントの流しで本命キャッチ

次の流しでは「上げて」のコールと同時に右舷胴の間でヒット。少し小ぶりながら嬉しい1尾。このあと、30~40分間隔で無数にあるという着き場をピンポイントで流していく。

しかし、この日は潮が動かずアタリが遠い。そこで、さらに深い釣り場へ移動。約50mのカケアガリを狙う。ここでは、先ほどの右舷ミヨシの人が2尾追加。

終盤は真沖の水深250mへ。潮が動きだす直前のタイミングを逃さず捉えた冨永さんが良型を含め連発。左ミヨシの松井さんと胴の間でもヒットしたあと沖上がりとなった。

遠州灘の赤い宝石『アカムツ(ノドグロ)』釣り 良型顔見せ【福徳丸】本命に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤理)

残念ながら、1人だけ型見ずに終わってしまったが、高級魚・アカムツを釣りたいなら一度は訪れたい船宿だ。

<週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤理/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:福徳丸
遠州灘の赤い宝石『アカムツ(ノドグロ)』釣り 良型顔見せ【福徳丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。