陸っぱりライトゲームでメバル&アジが好調ヒット【三重・鳥羽】

陸っぱりライトゲームでメバル&アジが好調ヒット【三重・鳥羽】

早いもので、もう12月。今年は秋が長かったこともあり、海の中はまだ秋の魚と冬の魚が混在している状態だ。12月前半、所用を片付けているうちに気が付けば昼前。どこに行こうかと考えていると、釣り仲間の「くま」から電話が入った。最近父親になったくま、どうやら奥さんが里帰りしている隙に釣行しようと企てたようだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

アジング&メバリング釣行

カキが食べたいと言うので、ターゲットはまだ釣れているアジと、そろそろ開幕のメバルに決定。のんびりと流れる休日の国道を、三重県・鳥羽方面に向かった。

鳥羽市内に入ったのは、カキ小屋もそろそろ閉店という時間。カキは諦め駅周辺で遅い昼食を済ませ、間もなく夕マヅメというタイミングでパールロード沿いの漁港に滑り込んだ。

陸っぱりライトゲームでメバル&アジが好調ヒット【三重・鳥羽】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

まずは手軽な漁港内でメバルを狙う。時間的にはデーゲームのパターンだが、じきに暗くなるので0.8gのジグヘッドをチョイス。自作ストレートワームをセットし、ボトム付近をキビキビしたアクションで探る。

1投目から22cmメバル!

すると1投目から居食いのようなアタリが出た。緩めのドラグを鳴らしながら上がってきたのは、22cmの良型メバル。明るいうちからゴキゲンなスタートだ。

陸っぱりライトゲームでメバル&アジが好調ヒット【三重・鳥羽】22cmの良型がヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

隣では、くまが15cm級のアベレージサイズを連発させている。一方で私は、釣りに集中できずペースが上がらない。原因は分かっているのだが、防寒着を着てしまうともう面倒で・・。とはいえ、さすがに我慢も限界だ。こんなことなら先に済ませておくべきだったと反省しつつ、トイレまでダッシュ。

やがて日が落ちると、カーブフォールや中層のスイミングで入れ食いとなった。だが、釣れるのはアベレージサイズの小メバルばかり。しばらく楽しんだところで、アジを狙って移動する。

常夜灯周りでアジが連発

次のポイントは、ひと際明るい常夜灯周りだ。軽くキャストし、水面直下をタダ巻きで探るといきなりのアジ。これまた15cm級だが、1投目からのヒットはうれしいものだ。

陸っぱりライトゲームでメバル&アジが好調ヒット【三重・鳥羽】1投目からアジがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

タックルの感度不足を補うためスイミング主体で探っていくが、やはりキモはレンジ。しばらくすると表層での反応が渋くなり、少し沈めると再び連発するようになった。

それでも渋くなれば、今度は投げる方向を変える。と、ヒットしたのはシーバスだ。それほどのサイズでもないが、対応が遅れてラインを飛ばされてしまった。

こんな魚がいれば、アジも警戒して口を使わない。しばらく探るが反応はなく、また違う方向に投げると今度はアジ。投げる方向や光の加減で、かなりの差が出るようだ。

ラストポイントでもアジ好調

ひとしきり遊んで時計を見れば午後7時。あと1カ所だけ探って帰ろうと最後のポイントへ。ここは何本かの常夜灯があり、港内全体が明るい。だが、アジの魚影が濃いのは、やはり光が直接当たっている周辺だ。

最初はいいペースで釣れていたが、やがて何をしても食わなくなった。レンジを変え、投点を変え、カラーローテーションなども試みるが反応なし。移動すればまだ釣れるだろうが、時刻はもう7時半。そろそろ帰る時間だ。

鳥羽エリアの今後の展望

この鳥羽周辺のライトゲームだが、そろそろアジは終盤だろう、現時点ではポイントによって釣り分けられる状況だが、今後はメバル中心となり、冬のパターンへと移行していく。

寒さ厳しい季節となるが、冬のグルメも盛りだくさんの鳥羽周辺、一度出かけてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。