御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】

12月半ば、静岡県御前崎市にある御前崎港から出船している第八共栄丸に乗り、タイラバとスロージギングを楽しんだ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

メイチダイ狙いのタイラバ

午前7時にサオ入れの時間を迎え、まずはタイラバからスタート。マダイ狙いと言いたいところだが、私の本命はメイチダイ。

夏の魚だが、今年は水温が高いためか、御前崎沖ではまだコンスタントに釣れている。料亭御用達の高級魚なうえ、まだ釣ったことがないので、ぜひ手にしたいと思ったのだ。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】都築さんにメイチダイ(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

開始後、しばらくしてタイラバで攻めていた都築さんにヒット。上がったのは、メイチダイ。型も40cm近くありそうだ。

さらに、今度は大ドモの中田さんがメイチダイをキャッチ。先ほどよりひと回り大きく、40cmを超えている。狙いの魚の気配は濃厚、あとは釣るだけだ。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】中田さんは40cm超えをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

カラーチェンジとレンジ変更で待望のメイチダイ

ここで、私はタイラバをグロー系のセッティングから、先にヒットさせた二人と同じオレンジ系に変更。船長に聞くと、メイチダイは底層でのヒットが多いようなので、底から5~6m上までを丹念にトレースすることにした。

するとこれが奏功し、ガツガツとしたアタリが来た。アワセが決まると期待通り相手がサオを叩く。無事取り込んだのは、うれしいことに待望のメイチダイ。型も40cm弱とそこそこだ。

スロージギングでカンパチ

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】カンパチが食ってきた(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

お題の魚をゲットできたところで、スロージギングに変更。船内では、ほかに50cmほどのシオ(カンパチ)や良型のアヤメカサゴが上がっていたので、お土産のレパートリーを増やそうと、底層中心に探っていった。

ハーフからワンピッチのスロージャークで誘うと、アオハタやキダイ、アヤメカサゴなどが続々とヒット。大型魚こそ食わなかったが、絶え間なく魚がヒットし、この海の豊かさを実感した。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】良型のアヤメカサゴもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

タイラバでビッグヒットするもバラシ

のんびりと楽しんでいた矢先、タイラバで攻めていた、隣の小久保さんにビッグヒット。勢いよくラインが出される。大型のマダイだろうか。しばらくやり取りが続いたが、残念なことにバラシ。当日は天気は穏やかだったが、ウネリがあり、これが悪影響を及ぼしたようだった。

その後、船は大きく場所を変え、浅場のポイントに移動した。ここで再びタックルを変え、タイラバを投入した。

第八共栄丸は、ドテラ流しで広いポイントを一気に探るスタイルなので、船が岩礁帯上にあるときは、ジグでハタ類やカンパチを、岩礁帯との境目から砂地にかけては、タイラバやライトジギングでマダイやアマダイを狙うなど、状況に合わせて好みのスタイルでチャレンジでき、釣果が伸ばせるのも魅力だ。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】ドテラ流しで探る第八共栄丸(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

マダイやサワラを追加

さて、話を実釣に戻そう。場を変えてすぐ、私と中田さんにヒット。ともにマダイを手にすることができた。当日のタイラバは、ややファースト気味の巻きスピードが終始効果的だった。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】中田さんにマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

このあと、船は最近青物が当たっているポイントに寄り、私はジギングでサワラをキャッチし、沖上りを迎えた。

のんびりと堪能できた御前崎沖のゲーム。今回は肩の力を抜いて楽しんだが、硬派に大物を狙うこともできる海域。大型のマダイやハタ類、良型のカンパチが確実にいるので、また機会をあらためて挑戦したい。

御前崎沖タイラバ&スロージギングで多彩な釣果を満喫【第八共栄丸】筆者もタイラバでマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 中畑雅明)

<週刊つりニュース中部版 中畑雅明/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第八共栄丸
出船場所:静岡・御前崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。