【中部】初釣りオススメ釣り場:JFEエンジニアリングテトラ帯で穴釣り

【中部】初釣りオススメ釣り場:JFEエンジニアリングテトラ帯で穴釣り

初釣りにお勧めしたいフィールドは、三重県津市のJFEエンジニアリング(旧日本鋼管)周辺のテトラ帯。狙う魚はテトラの穴に潜んでいる根魚のカサゴだ。狙い方は穴釣りだ。空いた時間にサオを出して気ままにサオを納めることができる。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

穴釣りのタックル

【中部】初釣りオススメ釣り場:JFEエンジニアリングテトラ帯で穴釣りタックル例(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

入り組んだテトラの穴を狙うには、サオは操作しやすいよう長くても1.5m前後。小型のベイトリールやスピニングリールをセットし、ミチイトはナイロン2~3号。

ブラクリをワンタッチで装着できるように、ミチイトの先にスナップサルカンを付けておく。テトラの穴でも潮の流れが入り込むので、ブラクリは潮の動きに合わせて3号前後を使い分ける。

エサはイシゴカイやアオイソメ。大きなものはカットして使う。ただし、アタリが渋いときは1匹掛けにしてアピール力をアップする。あとはカサゴが潜んでいそうな穴をアタックしていく。

JFEエンジニアリングのテトラ帯

【中部】初釣りオススメ釣り場:JFEエンジニアリングテトラ帯で穴釣りポイント図(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

冬場といっても、漁港や堤防は手軽なフィールドだけに釣り人も多い。マナーを守り、邪魔にならないよう距離を取り合おう。テトラは傾斜しているので、足場を確保して滑らないように。

釣り方

ヤル気のあるカサゴは、仕掛けを入れるとすぐにガツガツとエサをくわえ込んでサオ先を引き込む。アタリがなくても、底まで落として軽く上下に誘っていると、カサゴがいれば興味を示して飛びついてくる。

アワセが遅いと根に入られてしまうので、アワせるタイミングがポイントだ。ガツンとアワセが決まると、サオ先をゴンゴンたたく小気味良い引きが伝わり、ゴツゴツ顔のカサゴがヒット!

穴の大小や形状、深さが違うテトラの穴がたくさんあるので、一つ一つ探ってカサゴをゲットするのが穴釣りのだいご味だ。攻めた穴数が多いほど釣果はアップする。

北西風が強くなると体感温度はグーンと低下する。防寒対策はしっかり行うこと。カサゴは成長が遅いため、ハリをのみ込んだ魚以外の小型は優しくリリースしよう。

カサゴは、唐揚げにすると頭からバリバリと香ばしく、煮付けにするとほっこりとした白身がおいしい。

さあ、寒さに負けず消波ブロックの穴に潜むカサゴにアタックしよう。

【中部】初釣りオススメ釣り場:JFEエンジニアリングテトラ帯で穴釣り穴に潜むカサゴを狙おう!(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

<週刊つりニュース版 週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
JFEエンジニアリング(旧日本鋼管)周辺のテトラ帯
場所:津市雲出鋼管町
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。