【2019九州】海上釣り堀のキホン 年末年始祝い膳に高級魚はいかが?

【2019九州】海上釣り堀のキホン 年末年始祝い膳に高級魚はいかが?

みんなで楽しく釣りたい+大物も狙ってみたいなら「海洋釣り堀」。海の王様マダイはもちろん、これから旨味が増すブリなどお馴染みの魚がヒットしてくるぞ!

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

海上釣り堀の概要

今回紹介する海上釣り堀は、養殖している魚と水揚げされた魚などを交ぜてイケスに放し、釣らせてくれる釣り堀だ。といっても、安直に釣れる釣り堀ではないので、よりゲーム性も高まるのが魅力だ。

タックル&エサ

標準的なウキ(遊動)仕掛けは、下図の通り。

【2019九州】海上釣り堀のキホン 年末年始祝い膳に高級魚はいかが?タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)

スタッフに魚種、サイズを確認してタックルを用意すれば万全だが、力負けしないタックル&太めの仕掛けで対応したい。もちろん、レンタル釣具が用意されていることが多いので、これらのサービスを利用してもいいだろう。

つけエは定番のオキアミ生のほか、練りエサや冷凍キビナゴ、活エビ、小アジ、虫エサなど。時季や時間帯、魚種に応じて有効なエサがあるので数種類用意しよう。なお、まきエサは禁止や制限もあるので、事前に確認を。

釣り方

ウキ釣りの場合、こまめに調整したいのはウキ下=タナ。季節、時間帯、活性によって変わるのでタナは早く見極めたい。

魚が掛かったら、隣の人とのオマツリに気をつけて確実にタモで取り込む。なお、釣り上げた魚は大暴れしている場合もあるので、子どもがうっかり触って背ビレなどでケガをしないよう十分注意を。ハリ外しもペンチで行いたい。

上げた魚は指定された場所にキープする。釣れた魚の持ち帰り制限、あるいは重量に応じての課金などのルールがあるのでスタッフに確認を。

最後に

手軽に楽しめる海洋釣り堀だが、滑りにくく動きやすい足元、救命胴衣着用で安全面に考慮を。

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年12月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。