ドーン!と寒ブリ12kgを5尾を電動ジギングで【福岡県中央区港幸風】

シケでなかなか釣りに出られない中、1月7日はその間を縫っての晴れ間。波は0.5~1mの釣りびより。福岡市中央区港かもめ広場前から出船の幸風さんにていざ出船!向かったのは玄界灘七里ヶ曽根~壱岐・勝本周辺での電動ジギングで旬の寒ブリ釣り。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

7時にポイント着。ジグを落とし込む。

丸々とした寒ブリはこの時期ならでは。引きの強さと味は絶品!

午前4時30分に出船しポイントの到着したのは7時ごろ。

船長の合図でいっせいにジグを落とし込む。

参考タックル図。

電動ジギングは7人、手巻きスピニングの方1人で開始。

水深は約100m前後、魚探によると70~100mの間に魚の反応

潮の流れを見て、船長の判断で船の右側にて全員釣りを行う。

リズムよく、シャクリを繰り返すと船首の方でヒットー!

1人ヒットすると次々とアタリが来る。

甲板に引き上げられるブリはどれも10kgを超す丸々と太った脂ののったものばかり。

タモ入れをしていただいている船のスタッフの方が、忙しく動きまわる。

私は電動リールを使用するも、馬力の小さいもの(800番)を使用していたためドラグをガチガチにしていても、なおラインが出ていく魚の引きの強さ!

やっとのことで手巻きと電動の力でようやく上に浮いてきたのは12kgの大物。

このサイズを5尾ほどゲット♪

12kgのビッグサイズをキャッチ!

使用していた釣具はミチイトがBIGPEラインの3号と5号、リーダーBIGフロロカーボンラインの18号ジグが『アイルフラッシュTB/DUEL』200g(カラーがルミナスホロピンク(夜光)、ルミナスホロブルー、ホロセグロイワシ)。

11時をすぎると潮が止まり、納竿時間の午後3時30分まではパラパラと釣れている感じで朝の3~4時間が勝負だった。

隣の常連さんは300gのジグ(シルバーやオレンジカラー)で、1人で10~15尾釣られており、クーラーは重くて動かないほどだった。

この人はマグロも釣られていた。

私たちは寒ブリとヒラマサでたっぷりお土産ができ、刺し身の脂の乗り具合は半端なかった。

また、常連さんによると、大根おろしでさっぱりといただくとか。

冬の寒さはきついけれど、この時期にしか味わえない丸々とした寒ブリの引きの強さと味は絶妙でした。

<福岡市・赤堀泉/TSURINEWS編>

▼この船について
幸風
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年2月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。