回遊中の青物狙ってショアジギ 大混雑の波止で42cmハマチ【四日市】

回遊中の青物狙ってショアジギ 大混雑の波止で42cmハマチ【四日市】

三重県四日市市の四日市港で青物が絶好調の情報。午前中に時間が取れたので10末にショアジギングに出かけた。第2ふ頭に少し空きスペースがあったので車を岸壁に横付けした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港で青物狙いショアジギング

回遊中の青物狙ってショアジギ 大混雑の波止で42cmハマチ【四日市】ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

ヘッドライトをつけてタックルにブレード付きメタルジグ40gをセット。タモを準備して明るくなるのを待つ。辺りが薄っすら明るくなってくると、合図が出たわけではないが一斉にスタートだ。

シーバスがヒットするも単発

回遊中の青物狙ってショアジギ 大混雑の波止で42cmハマチ【四日市】大混雑の四日市港(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

ビュン、シュルルルーとルアーが飛んでいく。リーリングしながらシャカシャカ、クイックイッとアクションを加えながらリトリーブ。

明るさが増してくると沖で鳥が群がり始めた。徐々にトリヤマが近づいてきた。海面をパチャパチャとベイトが跳ね、バシャバシャとナブラが出てはすぐに消えていく。チャンス到来に高鳴る鼓動。近くで「ヒット!」の声でシーバスが上がった。

どこからともなく「いよいよお祭り騒ぎの始まりだ」と歓声が上がる。しかし後のヒットの声が聞こえてこない。表層から底までレンジを変えて探ってもルアーやカラーを変えてもバイトなし。時々ベイトのマイワシが引っ掛かってくる。

カラーもサイズもマイワシに合わせ、メタルジグやミノーをチェンジしても無反応。周りのアングラーの熱気も時間とともにクールダウン。午前8時になると1人、2人とロッドオフして大混雑も解消。

磯津漁港突堤へ移動

私は四日市港を見切り、磯津漁港突堤へ移動。四日市港同様に平日でも釣り人が多くにぎわっている。日が高くなり完全に朝マヅメの時間を過ぎてしまったが、釣り人に話を聞くと「ワラサクラスが1匹とハマチはポツポツ上がってるよ」とのこと。残された短い時間になんとか魚の顔を見ようとダメ元で勝負だ。

回遊中の青物狙ってショアジギ 大混雑の波止で42cmハマチ【四日市】磯津漁港のポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

ラストに42cmハマチ

沖に向かってフルキャスト。5回、6回と反応のないままジグが戻ってくる。時間的に残り数投しかできない。諦めかけた時にグンときたぁ~。ゴンゴンと引きが伝わってくる。慎重にリールを巻いてくると、海面にハマチの姿が見えた。タモを伸ばして無事ゲット。時計を見ると午前11時を回っていた。

釣果は42cmのハマチ1匹だったが、価値ある1匹となった。タ食で食べた刺し身は定番のワサビじょう油もいいが、しょうがじょう油もあっさりしてうまかった。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。