アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】

11月16日(土)、相模湾小坪の洋征丸から、仲間2人とアジ・マダイ五目に釣行した。この週から釣り物が切り替わり、ビシアジをメインに、同じポイントでマダイや、釣ったアジを泳がせて青物などを狙うことができる。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

洋征丸でアジ・マダイ五目釣り

洋征丸に状況を聞くと青物が活発で、食わせサビキや、泳がせ用の仕掛けを準備しておいたほうがいいとのこと。

6時半前に港到着、受け付けを済ませる。手入れの行き届いたきれいな大型船に乗り込み、タックルをセット。

葉山沖でコマセイナダ

7時前に出船、10分ほど走った葉山沖で好調のイナダ狙いからスタート。

仕掛けは130号ビシにイワシミンチを詰め、ハリス5号の仕掛けにイカの短冊を付ける。「水深は30m、底から10m上までシャクりながら探って下さい」のアナウンスで開始。

大きくシャクってエサを動かし、ステイして食わせの間を作ると、さっそくアタリ。青物特有の力強い引きを楽しみ、40cmクラスのイナダを抜き上げる。

このあと、群れに当たれば2点掛けもあって追釣し、2時間ほどで9尾。船中ではカンパチがポツポツ上がっていたので期待したがダメ。

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】釣友の渡邉さんはイナダの二点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

三戸浜沖でアジ食わせサビキ

全員が土産を確保したところで、三戸浜沖に移動。船長から「アジのポイントだけど、群れに高確率でフィッシュイーターが付いているから、泳がせか、食わせサビキも面白いですよ。あと、マダイ狙いもOKです」と再開の合図。

まず、アジ狙いの仕掛けをセット。釣り始めると魚影は濃く、エサにちょうどいいサイズのアジが釣れだす。

仲乗りから「このサイズなら、食わせサビキが面白いと思うよ」とアドバイスをもらい、カゴと150号のオモリを用意、食わせサビキ仕掛けにチェンジ。

船長は「掛けたアジの元気がなくなったら、一度仕掛けを上げてコマセを詰め直し、アジを掛け直すのがコツ」と話す。

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】サバの猛攻に合う時間帯も(提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

食わせサビキにヒラメとワラサ

底上5mでアジを掛け、2mほどゆっくり落とし込んでいくと、重いアタリ。食い込みを待って、アワせるとしっかりハリ掛かり。

電動リールのスイッチを入れて巻き上げるが、重いだけでほとんど走らない。何かと思えば50cmほどのヒラメで嬉しいゲスト。

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】嬉しいゲストのヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

このあと、同行した小菊さんが食わせサビキでワラサ。船中でもポツポツと同じ魚が上がっている。私も食わせサビキを続けるが、ヒラメ以降はサビキに付いたアジとサバのみ。

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】食わせサビキでワラサを手中(提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

城ケ島沖へ移動

昼ごろ城ヶ島沖に移動。沖合いのこのポイントはかなり潮の流れが速く、船を流しながら釣るので、食わせサビキは釣りにくい。

「泳がせか、ビシアジ。または、根魚狙いもいいよ」とのことだったが、ワラサを釣りたいので泳がせ仕掛けで挑戦。

泳がせ仕掛けに65㎝ワラサ

根周りを流して釣るため、水深が変わるタイミングや、コマセの撒きどころでは、その都度、指示されるので釣りやすい。「根があるので5mぐらい上げて」のアナウンスに巻き上げると、その最中に強いアタリ。

このタイミングで青物の群れが回ったようで、船中あちこちでヒット。取り込み時、広範囲にオマツリが発生。誰の魚か分からない、あみだくじ状態のなか、解けた人は続々とワラサを取り込む。

「誰の魚かな」と、半分あきらめながら仕掛けを回収すると、まだ付いている。

上がってきたのは65cmのワラサ何となく釣れていた感の強い1尾だったが、それでも満足。

アジの泳がせ&食わせサビキでワラサ&ヒラメをキャッチ【洋征丸】筆者にワラサがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・渡辺竜平)

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。