大人気の『ウタセ五目』釣り 多彩な魚種で賑やかな釣果に【忠栄丸】

大人気の『ウタセ五目』釣り 多彩な魚種で賑やかな釣果に【忠栄丸】

秋が深まると海水温も下がりだし、ウタセ五目でマダイ、イシダイ、ヘダイ、ヒラメ、マゴチ、ハマチ、カンパチと釣れる魚も増えてきた。愛知県・南知多町片名港の忠栄丸で11月1日に釣行した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸でウタセ五目

午前4時ごろに片名港の駐車場へ着くと一番乗り。右舷トモを釣り座として忠栄丸推奨のウタセ五目用胴つき仕掛けをセッティングしていると、次々に釣り人が乗り込んできた。

大人気の『ウタセ五目』釣り 多彩な魚種で賑やかな釣果に【忠栄丸】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

開始早々マダイが連発!

定刻の午前6時30分に満員で出船して、途中でウタセ船からエサを仕入れ、8時ごろにポイントへ到着。当日は晴天、微風、波高2mのベストコンディションだ。山下船長から、「ウタセエビは尻尾を切って尾掛けにしてください。水深は24m。底で狙ってください」との合図で一斉投入となった。

ラインがミヨシからトモへゆっくり流れ、着底と同時にクッ、クッと小さなアタリ。即アワせると、酢漬けにぴったりの小ダイが上がってきた。

2投目も3投目もマダイと絶好調。ミヨシや胴の間でもマダイが上がって、楽しそうな笑い声も聞こえて明るい船上だ。

船が潮で流されるとカサゴが釣れたり、潮上に戻るとマダイがダブルで上がり、胴の間の若者のはトリプル達成で写真撮影をしていた。午前9時30分ごろまでモーニングサービスでマダイが入れ食いで、酢漬け用を20匹ほど確保。

根魚に青物にイシダイも

満潮が近づくとアタリがなくなり、エサが無傷で上がってくるようになって、10時ごろにポイント移動となり、水深27mで再開となった。根掛かりに注意とのアナウンスが流れ、カサゴに続いてヘダイ27cm。

引き込みが強く、姿を見るまで何が釣れたのかが楽しみ。続いてマダイ33cmの三段引き。胴の間の人はハマチをタモ入れして、私にもこいと願うが残念。しかし、イシダイ28cmが飛びついてきたのでオッケーだ。

午前10時30分ごろ、三角波が出るようになってきて、船長から「湾内も波が高くなっているとの連絡が入りましたので、最後まで釣りができるか分かりません」とのアナウンスが流れた。

今のうちに釣らねばと集中。

イシダイがダブルヒット!

底から10mほどは難なく上がったが、スプールが逆回転してラインが出て、ドラグを調整しながらイシダイ33cmと30cmをダブルでゲット。ミヨシや胴の間でもイシダイが上がった。最後にガンゾウビラメを釣り、午後12時30分に沖上がりとなった。

大人気の『ウタセ五目』釣り 多彩な魚種で賑やかな釣果に【忠栄丸】イシダイをダブルでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩)

次のページで当日の最終釣果発表!