浅ダナ両ダンゴで30cm後半のヘラブナ連発 夕方に時合い【白川ダム】 

浅ダナ両ダンゴで30cm後半のヘラブナ連発 夕方に時合い【白川ダム】 

秋のヘラブナは、「タナを釣れ!」と言うセオリーがある。水温、水位、水色、放流ベラあるいは地ベラなどによってもタナが変化する。11月20日は、奈良・天理市にある白川ダムへ釣友の原田さんと出かけ、浅ダナ1本で体高のある良いヘラブナの引きを満喫できた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・久保一美)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

水面にもじりを発見

この日はダムの西側へ入釣した。6時30分、夜明けの湖面の様子を見ると、ヘラブナが居るのか、水面にもじりが出ている。

3年ぶりだが、どのポイントに釣り座を構えても、足場はコンクリートの護岸として整備されているので、釣り台の設置は簡単で安心だ。

浅ダナ両ダンゴで30cm後半のヘラブナ連発 夕方に時合い【白川ダム】 足場の良い白川ダムの釣り場(提供:WEBライター・久保一美)

浅ダナ両ダンゴで狙う

問題はタナとエサで、セットでの底釣りが良いのか、浅ダナの両ダンゴが良いのか迷うところである。西側の釣り人は床釣り(底釣り)で床を測っている人が大半だが、ヘラのもじりは表層だ。そこで、我々2人は浅ダナの両ダンゴで狙う事にした。

まずはエサを作る。この日のダンゴは凄麩400cc、ガッテン200cc、グルバラ200ccを水200ccでブレンドした後、バラケマッハ100ccを追加したもの。

仕掛けは17尺竿を用意し、私はタナ1mの浅ダナで、一にも二にもヘラブナを寄せる事に専念した。早いリズムで打ち返し、ボソッ気のエサのままで約1時間打ち返す。ジャミ(小魚)アタリが全くない中、落ち込みで触りがあった。ヘラの気配か?ブルーギルか・・・。

アタリは力強い、筆者にも釣友にもヒット

よく見てみるとアタリは力強い感じなので、手水でエサを芯残りさせるよう調整して打ち返すと、なじみきった後に「ツン」と2節ほど入った。アワせるとズッシリとした重量感で待望のヘラブナがヒット。37cmで体高のある良型だった。

隣の原田さんもタナを1.5本から1本の浅ダナに変更。その直後に大きく竿を曲げた。「40cmはないけれど、体高のある良型です」と喜んでいた。

浅ダナ両ダンゴで30cm後半のヘラブナ連発 夕方に時合い【白川ダム】 原田さんにもヒット(提供:WEBライター・久保一美)

8時頃になると釣り人が増え、10人ほどが竿を出していた。ところが全員、床釣りで浅ダナは依然、我々2人のみ。

40cm級ヒットも・・・

10時頃になるとアタリはあるものの単発で、スレ、空ツンも多くなってきた。そこで、さらにエサを調整する。そうこうしていると落ち込みアタリで「ツン」とウキが入った。

引きはかなり力強い。水面にヘラブナが浮いた瞬間、即40cm級と分かり、慎重にタモへ誘導した。が、何と、タモの網に上バリが引っ掛かり痛恨のバラシ!

その後、原田さんも「アタリはあるが釣れない」との事なので、12時過ぎに昼食タイムとした。

ようやく条件が合致

後半戦はハリスの長さを上25cm、下40cmと短くして、下バリは6号から7号へと大きくした。狙ったタナ、仕掛け、エサが合致し始めたのは午後2時半頃だ。

浅ダナ両ダンゴで30cm後半のヘラブナ連発 夕方に時合い【白川ダム】 後半戦の仕掛け(作図:WEBライター・久保一美)

ウキのトップの先端1節までなじませると、少し戻ってきた時に「ツン」、また、落ち込みでも「ツン」と心地良いアタリが出始めた。釣れるヘラも「センターにバッチリ」である。

実は、ヘラのタナ、仕掛け、エサが合致すると、ヘラブナの上唇の真ん中(センター)にしっかりとハリが掛かり、バレなくなり、しかもおとなしくタモに収まるのだ。この状況を「センターにバッチリ」と表現している。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。