マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】

マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】

11月23日と24日の両日、愛媛県宇和島市の日振島にて、第7回マルキユーM‐1カップ全国グレ釣り選手権大会の決勝大会が開催された。白熱の戦いをレポート。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

tsurinews編集部関西

    ×閉じる

    海釣り 磯釣り

    マルキユーM‐1カップグレ

    第7回マルキユーM‐1カップ全国グレ釣り選手権大会には、全国各地の予選(予選総参加延べ人数1480人)から勝ち上がった18人、昨年度のシード選手3人、MFG枠代表選手6人の総勢27人が集結し、その釣技を競った。

    1回戦&2回戦

    23日に行われた1回戦の競技規定は、グレのサイズ規定なし、1ラウンドごとに9匹以内を検量し、計3ラウンドで合計27匹以内の総重量を競うというもの。AからGまでは1ブロック3人、HからJまでは2人での対戦となった。

    2回戦は1時間の釣り座交代で、2時間の試合時間。前後半合わせてグレ9匹の総重量で釣果を競い合った。磯によりムラはあったようだが、どの磯でも釣果が上がり、結果、松元優也選手(シード)、小松和伸選手(四国地区)、谷脇英二郎選手(関西地区)、中村政行選手(四国地区)、牧順也選手(関西地区)の5人が勝ち上がり、ここにワイルドカードを引いた北村憲一選手(シード)が翌日の準決勝へコマを進めた。

    準決勝

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】24日の出船風景(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    24日の準決勝は、2回戦と同じルールで、中村選手と小松選手が「ビーチ2番」で、松元選手と谷脇選手が「明海1番」で、北村選手と牧選手が「才蔵の奥の奥」で熱戦。中村選手と谷脇選手、そして北村選手が決勝に勝ち上がった。

    決勝戦

    決勝戦は3時間で、釣り座は1時間毎に交代。規定サイズはなしで、グレ9匹までの総重量で釣果を競い合った。舞台となったのは、「日振の19番」。日振島本島のすぐ北にある沖の島の西端に位置する磯で、釣り座は西向きに3カ所設定された。試合前のジャンケンで勝った中村選手は左を選択。次いで谷脇選手が中央に入り、北村選手は一番右でサオを出すこととなった。

    下り坂の天気予報で、まだ雨は降っていないが遠くの島はかすみ、遠雷が聞こえるなか、10時に釣り開始。大会参加者全員が見守る中、最初にサオを曲げたのは中村さん。足元近くで掛けた1匹目は大きくはなかったが、早掛けの権利を得た。そして、この後ポンポンと同型のグレを連発する。

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】中村選手の釣り姿(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    続いて、隣が連続してサオを曲げる中、集中して自分の釣りを続けていた谷脇選手もサオを曲げ、コッパながら1匹目を取り込んだ。そして、これを機にポツポツとサオが曲がりだす。ただ、ほどなくイサギが回ってきて、この状況も30分は続かなかった。

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】サオを曲げる谷脇選手(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    開始から早い段階でグレを仕留めた中村、谷脇両選手とは対照的に、北村選手はじっくり海を観察して、仕掛けの入れどころを吟味しているような印象を受けるややスローな釣り。

    最初の1匹を仕留めたのは開始から30分ほど経過していたが、仕留めたのは明らかにほかの選手より型のいいグレであった。そして、そんなグレをもう1匹追加する。

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】北村選手に良型がヒット(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    雷のため45分で試合終了

    ポツポツ降り出した雨が次第に強まり、いよいよ雷が近づいてきたため、ここで第一ラウンドのみで試合を終了する判断がなされた。試合終了までもう20分ほど、3人の集中力が一層高まるのが感じられた。

    そんな時、開始早々に3連発したものの、その後釣果の止まっていた中村選手がサオを曲げた。気持ちのいいサオの曲がりをみせたのは、30cm超の良型グレ。

    この1匹で流れがかわり、勝敗の行方も分からなくなったのだが、近くで雷が鳴りだしたため、ここで試合終了の判断。帰港して港で検量となった。

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】決勝戦で使われたまきエサ、さしエサ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    初出場の中村選手が優勝

    結果は、谷脇選手が3匹605g、北村選手が2匹880g、中村選手が4匹980gで、中村選手が初出場のM-1カップで優勝を成し遂げた。

    マルキユーM‐1カップグレ決勝大会レポート 初出場選手が優勝【愛媛】左から北村選手、中村選手、谷脇選手(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

    表彰式で中村選手は、「足元狙いで1投目からコッパながらグレが釣れましたが、その後足元はエサ取りまみれになってしまいました。あちこち探りましたが答えを出せないでいると、ふらふらしていた潮が動き出す気配が出たので、タナを浅くして沖の潮目を狙ったところ、型のいいのが出ました。」と当日の釣りを振り返ってくれた。

    <中西/TSURINEWS関西編集部>

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。