SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】

11月上旬、戸畑港から出船の遊漁船・Trip(トリップ)で、乗り合い7人、SLJ(スーパーライトジギング)&タイラバに行ってきました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

Trip(トリップ)で出船

釣行当日は下げの中潮。午前6時30分に集合して、Trip(トリップ)で出船。SLJ(スーパーライトジギング)&タイラバへ。

約1時間30分の移動で、到着したのは角島沖(山口県下関市)。多少のウネリはあるものの、とても穏やかで、日差しも暑いぐらいです。

船長の合図で一斉に仕掛けを落としていきますが、アタリの状況が悪く、移動をしながら探っていきます。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

ジギングで83㎝マダイ登場!

ミヨシ(船首)側でジギングをしている人のサオが大きく曲がります。「タイだね、大きそう」と様子を見ながら予想していると、なんと83cmの大ダイに、同船者の気合も上がっていきます。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】マダイ83㎝の姿に士気が高まった(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

続いてタイラバをしていた隣の人にも大きなアタリ。またもや大きくサオが曲がります。ぐいぐいと力強い引きに、みんなで根魚かなと予想していたら、見事的中。良型のアコウに、釣り上げた人も思わずニッコリ。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】良型のアコウに思わずニッコリ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

潮変わりで筆者にも76cmマダイ!

潮が変わり、水温が上がってきたタイミングでジグをMAKIE80gのピンクグローにチェンジし、細いピッチで探っていきます。

着底から巻き上げてすぐガツガツッと大きなアタリに、反射的にフッキング。ゴンゴンとたたくアタリに、良型のマダイと確信。

ドラグが止まらず、少し締め上げながら上げていくと、76cmのきれいなピンクのメスのマダイに「これはきれいだね」と船長たちも笑顔があふれます。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】筆者も大ダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

続いて67cmマダイをキャッチ

すぐまたジグを落としていくと、着底から10mぐらい巻き上げたところでゴツッとアタるもフッキングせず、そのまま少しフォールし、再度巻き上げているとゴンッと引いてきたのでフッキング。今度こそ乗りました。

またもやマダイの引きです。上がってきたのは67cm。たくさんは持って帰れないので、リリースしてあげました。

大型マダイに根魚・青物も多彩

その後も青物などのアタリもありつつ、後半は常に誰かにアタっている状態が続き、船上はとてもにぎやかで楽しい時間でした。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】根魚も強引を見せた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

今は大型青物なども狙える絶好のジギングシーズンです。ぜひ皆さんも秋の大物釣りを楽しんでくださいね。

SLJで70cm級マダイ2連発 青物や根魚も顔見せ【Trip】マダイに青物も出た釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip(トリップ)
出港場所: 福岡県・戸畑区銀座
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。