伊藤さとしのプライムフィッシング【今が旬の新ベラ釣り:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【今が旬の新ベラ釣り:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「今が旬の新ベラ釣り」。春夏秋冬さまざまな釣り方を楽しめるのがヘラ釣りの魅力だが、新ベラ狙いもその一つだろう。今回は新・旧ベラの釣り分けについて考えてみよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

新ベラの釣り方

前置きが長くなりましたが、いよいよ新ベラの釣り方について探求してみましょう。

伊藤 さとし

「うーん…釣り方と言ってもなぁ、そもそも新ベラは食いがいいから、とくにこうしなさいああしなさいではないと思うのだけど」

 

まあ確かにそうですが、あえて言うならってこともあるでしょう?

伊藤 さとし

「ならば、どういう風に釣りたいかだよね。何をやっても食ってくる魚だとするなら、自分の好きな(やりたい)釣りで挑めばいいんじゃないかな。またはその逆で、普段はやらない釣りをあえてやってみるとか。不慣れな釣りであっても、そこそこ答えが返ってくるのも新ベラ釣りのメリットじゃないかなぁ」

 

では、新ベラだけを釣りたい場合はどうすればいいでしょうか?

伊藤 さとし

「放流日から近いほど新ベラ確率が高いのは当然だよね。でもそうやって質問してくるってことは、ある程度の日数が経過した状況ってことになるよね」

 

そうなりますね。

伊藤 さとし

「であれば、旧ベラの活性を見極めることが重要じゃないかな?」

 

新旧ベラの活性の違いを見極める

つまり新旧ベラの活性の違いを釣りに生かすということですか?

伊藤 さとし

「そういうこと。仮に旧ベラの活性が高くて新ベラが低いのであれば、新ベラだけを釣ろうなんてそもそも不可能だよね。でもその逆であれば、新ベラオンリーとはいかなくても、釣り方次第では住み分けできるかもしれないよね」

 

具体的な方法は?

伊藤 さとし

「たとえ活性が低くとも、エサを打てば旧ベラは寄ってくるよね」

 

よく言うバラけた粒子にだけ反応して…の釣況ですね?

伊藤 さとし

「そう。だから旧ベラを寄せるようなバラケは打たない。そのうえで、いかに新ベラを効率よくエサの近くに寄せるか」

新ベラのパターンを見つける

 

新ベラだけを寄せる?

伊藤 さとし

「まあ不可能だよ(笑)。それができれば苦労しない。であれば新ベラがかたまっていそうなエリアやタナに、こちらから近づくしかない」

 

底、沖底、沖宙、ヘチなどですね?

伊藤 さとし

「そう。直近情報を加味しつつ、当日の釣れ具合を観察しながら、どこにエサを入れれば新ベラが多く食ってくるのか。それをイチ早く見極められたら、その日は楽しい新ベラ釣りができるってもんでしょう」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【今が旬の新ベラ釣り:第4回】長竿で沖を狙う(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

バラケを打たない釣りとなると、両グルテンが適している?

伊藤 さとし

「試しに両グルテンで打ってみるのも作戦だよね。それで新ベラがそろうなら、こんなにラクなことはない。でもそうは問屋が卸さないのが、日数が経過した新ベラの難しさだよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【今が旬の新ベラ釣り:第4回】あえて両グルテンで狙う(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

と言いますと?

伊藤 さとし

「要はグルテンだけでは寄せられない、寄りを保てない、活性が上がらないなどの可能性があるかもしれないね」

 

旧ベラは切っても切り捨てられない

活性が上がらない?

伊藤 さとし

「つまりね、旧ベラの力を借りないと新ベラのスイッチが入らないってことなんだよ」

 

では旧ベラの活性を上げて、それに乗じて新ベラに口を使わせるということですか?

伊藤 さとし

「そういうこと。たとえば底釣りをしていたとしよう。でも両グルテンではどうしてもアタリが続かない。そこでグルテンセットに切り替えた。そしたらアタリは増えてきたけど、旧ベラメインで新ベラはわずかしか交じらない。このような時に、たとえば早いアタリにだけ新ベラが反応してくることってあるんだよ」

伊藤さとしのプライムフィッシング【今が旬の新ベラ釣り:第4回】エサによる釣り分け(作図:週刊へらニュース 編集部)

つまり底釣りをしているのに、落ち込みのアタリを狙う?

伊藤 さとし

「そう。つまり新旧ベラ問わずとにかく魚の活性を上げる。そのなかで新旧のアタリの出方が異なるのであれば、アタリを取る位置を変えるだけで新ベラの確率を上げられるかもしれない」

 

そんなにうまくいきますかね?

伊藤 さとし

「それはやってみなければ分からない。でも仮にそれで釣れるようになったら面白いでしょ。釣り方もポイントもエサもまるで同じ釣り人が、片方は底釣りの教科書アタリばかり狙って旧ベラオンリー。もう一人はナジミ込みの小さなアタリに的を絞って新ベラメインになる。あり得ない話ではないかもよ」

 

次回も「今が旬の新ベラ釣り」です。

<週刊へらニュース 伊藤さとし /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
神扇池
電話番号:0480(48)2604
この記事は『週刊へらニュース』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。