船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】

船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】

10月26日(土)、大きいハゼが釣りたくなって、内房木更津桜井の雄士丸に出かけた。千葉県内に追い打ちをかけるような大きい被害をもたらした豪雨から中一日。「果たして釣りになるかどうか」と不安ではあったが、結果からいえばそんな悪条件のなかでも十分な釣果が上がった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・大高崇)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

雄士丸からキス&ハゼ釣り

当日は7時半前に同宿の店舗に集合。乗船名簿に必要事項を記入し、受け付けと乗船料金の支払いを済ませたら、エサと氷を受け取り、車で5分ほどの船着き場へ移動。

「ハゼは下げ潮だとあまり食いがよくないから、近場のキスとハゼが交じる場所で様子をみよう」と船長から提案。乗船した6人が賛同し、8時前に出船。やはり、運河内はこの時期にしては濁りがきついが、あの豪雨の割にはいい方かも。

置き竿手持ちの二刀流で良型キスヒット

10分程でポイントに到着。全員がキスの仕掛けで開始。

船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】タックル例(提供:週刊つりニュース関東版 東京・大高崇)

左舷ミヨシの岡田恵吾さんがさっそく良型シロギスをキャッチ。

しかし、その後はヒイラギの群れが集結。エサを取られる場面が多々あったが、船長はうまく船を流して「いま、ヒイラギの反応はないよ。アタリがあったら本命だと思って」と的確なアドバイス。すると、置き竿&手持ちの二刀流の江島浩介さんが良型キス。

右舷は上妻さん一行の4人。ミヨシの上妻大毅さんは慣れたロッドワークでキスを抜き上げる。胴の間は大毅さんの祖父・上妻忠雄さんで、こちらもベテランの妙技で二刀流。

船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】良型のキスをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・大高崇)

ハゼ狙いへ移動

そんな2人の間で竿を出したのが、ベトさんとトアンさん。2人は忠雄さんが会長を務める会社の研修生としてベトナムから来日中。故郷の川での釣りの経験こそあるものの海釣りは初めて。それでも、開始1時間もすると道具の扱いにも慣れ、初めて自身で釣った海の魚と対面。

船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】(提供:週刊つりニュース関東版 東京・大高崇)

潮止まりを迎えると食いが小休止。そこで、「ハゼを狙ってみよう」と移動。
より湾奥へと船を進める。杭が乱立する浅場のポイントへ移動すると本日船中1尾目のハゼが顔を出す。入れ食いとはいかないものの、すぐに全員がキャッチ。

24cm超えのジャンボキスも登場

さらに場所を変えながら湾内のポイントでハゼを追釣していく。江島さんやトアンさんには15cm級の良型がヒット。また、場所によってはシロギスも交じる。

船キス&ハゼ釣りで合計60尾程度 24cm良型シロギスも【雄士丸】良型のハゼをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・大高崇)

再び、両魚種が混在するポイントに移動。移動しての1投目からアタリはあるものの、ヒイラギばかり。しかし、「空揚げにすると美味しいよ」と船長。本命はもちろんのことゲストの美味しい食べ方も詳しく教えてくれるので、調理法に悩む必要がないのは嬉しい。

終盤には、大毅さんに24cm超えのジャンボキスがヒット。

しかし、同魚については今期にしては悪い方で、船長いわく「いい時はトップ1束釣れる」とのこと。実際江島さんは前回乗船時には70尾以上上げたと教えてくれた。

次のページで当日の最終釣果発表