陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】

陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】

10月6日の午後から三重県・大紀町の錦漁港にロックゲーム釣行。オオモンハタの他に、滅多に釣ることができないレア度が高い大型のチャイロマルハタを初めて釣りあげ大満足な釣果になった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日のロックゲームタックル

今秋ルアーフィッシングを始めた釣友とともに青物を求めて釣行した。ロックゲームのタックルを準備する。

陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

ロッドは、40cm前後の青物に加え、根魚やシーバスなど幅広く探ることを想定し、30g以上のメタルジグに加えて10~20g程度のルアーの操作性も考慮し、8.9ftのシーバスロッドを選択。

メインラインはPE0.8号に根ズレに強いフロロカーボンリーダーの4号を1mほど結束した。

メタルジグでオオモンハタ

早速キャストを開始。まずは30gのメタルジグを選択し、青物の回遊を狙い撃つ。開始から1時間が経過。

青物の回遊もなく、静かに時間だけが過ぎる状況。すると、待望の1匹は、ジグが着底した直後にヒットしたオオモンハタだった。

陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】初ヒットはオオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

そしてこのヒットをきっかけに、根魚の活性は高いと判断。狙いを青物から根魚にチェンジ。

ルアーは20gのジグヘッドに、4inchのワームをセット。チョンチョンッと誘いを入れた後は、トントンッと海底をノックするイメージだ。

レア魚『チャイロマルハタ』登場!

すると、開始早々ガツンッと強烈にロッドが締め込まれる。ジィーーーッとリールのドラグから煙が出そうな勢いで逆回転する。

足元に沈む敷石にラインは擦られ、「マジでやばいよ、やばいよ」状態。ラインが擦られている感触が手元に伝わり、強引なファイトはさらにラインを傷つける可能性が高く、ややラインテンションを抜きながら慎重なファイトを心がける。

するとチャンス到来。魚がやや浮いてきた。一気に勝負を決めにいくゴリ巻き開始。海面に姿を現したのは、褐色の斑点模様が特徴的な40cmは優に超える良型の魚。しかも30年の釣り人生で、始めて出会った魚種である。早速ネットで検索。釣り上げた魚はチャイロマルハタというレア魚だった。

陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】レア度が高いチャイロマルハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

その説明には超が付く高級魚とある。知っていたら学者級で、究極の美味とも書いてある。

私の釣り人生でも、思い出に残る1匹となった。また、この状況を釣友にも説明。

当日の最終釣果

底狙いにチェンジし、しっかりオオモンハタをゲット。ルアーで釣り上げた初物ということで、こちらもうれしい1匹となった。

そして、この日は多くのアタリを楽しみながらチャイロマルハタに加え、クエとオオモンハタ2匹をキープ。

まだまだ新しい出会いがあるということに感動し、釣りの魅力、ロマンを感じる最高の釣行となった。

陸っぱりロックゲームでレア魚『チャイロマルハタ』登場に感動【錦漁港】当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

▼交通紀勢自動車道・大内山IC下車、県道68を南下しR260を錦方面へ。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
錦漁港周辺 
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。