ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】

近年人気上昇中のボートアジング。三重県・紀北町紀伊長島三浦沖では、このアジングが注目を集めている。10月上旬に三浦港のフィッシング光栄へ取材に訪れた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

フィッシング光栄でディープアジング

このアジングが注目されるその理由はなんといってもそのサイズ。下で30cm、40cmは当たり前、50cmオーバーだって狙えるというからただ事ではない。

フィッシング光栄でのボートアジングは、午後7時出船、11時沖上がりの比較的短時間の勝負。出船が遅いのは、仕事が終わってからでも乗れるようにするため。料金も8千円とリーズナブルだ。

また定員も6人までなので、非常にゆったり釣りができるのも魅力。現在は水深60m前後を攻めるディープアジングがメインとなり、狙えるサイズもかなり大型のようだ。

釣行当日は、村上晴彦氏プロデュースのisseiブランドのモニターである森崇行さんと同船。森さんの釣友も一緒で、6人の満船。タックルを積み込んだ後、早々に船は岸壁を離れ、三浦沖のポイントを目指した。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】ロッドはスピニングとベイト2通りを用意(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

アジングタックル&ワーム

この日の日中は西寄りの風が吹いていたものの、日没とともに風は落ち、海はベタナギ状態。船酔いの心配はせずに、思い切り楽しめそうだ。

30分ほどでポイントに到着。水深60m弱のポイントにアンカーが打たれ、船がナジむのを待ってから釣り開始となった。

タックル

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

今回使用するリグは、中通し式のテンビンを使い、その先にリーダーとジグヘッドを結んだもの。isseiの村上式天秤に、ロケット型の細長いシンカーをセットし、1mほどのリーダーの先にはisseiのジグヘッド、レベリングヘッドの0.3~0.5gを結ぶ。ジグヘッド自体は非常に軽いが、フックの軸は太めで大型のアジにも対応している。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】右から村上式天秤、レベリングヘッド、ロケットシンカーなど(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ワーム

ワームはスパテラ2.5in、バルキースパテラ2.5in、シルキーシャッドの2inなどの各色を、状況に応じて使い分けていく。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】ワームはスパテラやバルキースパテラの2~2.5g(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

当日の釣り方

さて、いよいよ実釣。釣り方はいたってシンプルだ。リグをボトムまで落とし、ただ巻きやショートピッチジャーク、大きめのリフト&フォールなどを入れ、その後のステイやフォールでのバイトを待つ。

食ってくるレンジはボトム付近が多いが、場合によっては10mほど誘い上げた方がいいこともあるようだ。アジの活性が高いときは、ボトムに到達する前、アクションを入れる前にすでに食っていることも。

40㎝の極太カマスがヒット

そんな状況を期待しながら各自リグを落としていくと、左舷で「切られた!」と言う声。ヒラヒラと舞うリーダーに、「サワラかタチウオかな」といぶかる佐々木船長。

続けて右舷の森さんにヒット。「小さいよ」と言いながら巻き上げてくると、姿を現したのはなんとカマス。先ほどのリーダーブレイクもコイツのしわざのようだ。といっても40cm前後の極太サイズ。これはこれでうれしい獲物だ。

40㎝級アジをキャッチ

そしてトモで大きくロッドが曲がった。激しい突っ込みはまるで青物のよう。時折滑るドラグに高まる期待。

そして姿を現したのは、40cmほどの見事な大アジだ。佐々木船長は「コレが普通」と笑う。のちの計測では39.5cmとわずかに40cmに及ばなかったが、その驚くほどの体高は見事のひと言だった。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】船中最大の39.5cm(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さらに森さんにも35cmほどのナイスサイズがヒット。こちらもぶっといナイスな魚体だ。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】森さんは30㎝クラスでもまだまだ不満顔(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その後は沈黙時間もあったが、ポツポツとヒットが続く。中にはマダイやサバフグのヒットもあり、意外ににぎやかな釣果になっていく。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】アジに交じってマダイも(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

50㎝オーバーも圏内

しかし潮が飛び始め、25号のシンカーでは釣りにならず、30号でもラインが大きくなびく。この速潮が原因なのか、食い自体はいつもの半分以下のようだ。

さらに釣れてくるサイズは25~30cmが主体で、森さんも佐々木船長もここが大いに不満の様子。

いやいや、十分良型でしょ!と何度も突っ込んだが、森さんは30cm近いサイズを惜しげもなくリリースしていく。目標を50cmにおいている以上、30cm前後は良型ではないのだろう。

ディープアジングで50㎝超えアジを狙う 速潮に苦戦【三重県・紀北】十分良型だが、まだまだ小さい(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページでディープアジングの今後の展望を紹介