ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦

ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦

10月27日に、高砂沖にてボートノマセ釣りに出かけてきました。ベイトの群れを探し、潮が走るタイミングで狙っていく、いつもの「攻め」の釣りではなく、当日はサカナの通り道で静かに狙う「待ち」の釣りを展開し、ブリ族8匹の釣果に。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山 明)

丸山明
丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

丸山明の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

攻めのノマセ釣り

播磨灘で青物を狙う代表的なポイントは、明石海峡周辺や鹿の瀬一帯が有名であり実績も非常に高く、エサとなるアジやイワシが群れで集まっています。釣り人はそのポイントを探しだし、潮の流れで時合いを狙います。フィッシュイーターのエサ場にアジを紛れ込ませる釣りになります。基本的に沖釣りは、このアクティブな攻めのパターンが普通です。

待ちのノマセ釣り

当日は、明石海峡から25kmも西にある潮の流れは穏やかな高砂沖のポイントで、エサを探して回遊して来るハマチを待ち伏せをします。ボートは岸から100m~200mほどのポイントで漂います。

釣り方も簡単で、エサのアジを泳がせて回遊するハマチを待つ釣りです。この周辺には、アジやイワシの群れも回遊しており、青物が群れを成してエサを求めて探し回っています。

群れが通る周辺でアジを泳がせて待ち伏せは、人に例えるならばポツンとある赤ちょうちんの焼き鳥屋さんみたいなものです。人が赤提灯と煙に誘われてしまう感覚と同じように、アジに飛びついてきます。

この高砂沖は日曜でも船が少ないだけでなく、2馬力ゴムボートですも釣りができる穏やかな海にも関わらず、突然、サオ先が海面に突っ込む魅力的な釣りです。

1投目からハマチがヒット!

10月27日、6時過ぎに出航。目の前の小アジのポイントで、まずは順調にアジを確保します。そして、その先の潮が当たる水深11~12mの辺りでボートを漂わせ、エサの小アジを投入します。底を取って、2mほど上のタナに止めます。

これで、ロッドキーパーにサオを置き、待ちます。手持ちのサオでカケアガリの水深をトレースさせるいつもとは違い、ひとりのんびり待ちます。

もう1本サオを出す準備をしている最中に「なんと」サオ先が突っ込みました。10mほどの水深のため、引きを楽しむ間もなく海面に姿を現しますが、まぎれもなくハマチです。2本目のサオが出せないなんて言うのは、久しぶりのことでうれしくなります。

ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦ハマチファーストヒット(提供:WEBライター・丸山 明)

当日の釣り方

ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦エサの活アジ(提供:WEBライター・丸山 明)

浅場ですから、狙いのタナは底付近というより少し中層に寄る様に底から2~3mほど上を泳がせます。彼らは、下から上を見ています。トップウォータープラグに反応するように、上にあるベイトに反応するためタナ合わせが重要になります。場合によってはタナの位置を調整する必要があります。ここが一番の肝です。

そして、じっと待ちます。リーダー先の三つ又スイベルから1.5ヒロほど8号ハリス。スイベルの先に捨て糸を使いオモリという一般的なのませ釣り仕掛けです。潮の流れは、0.3~0.5kt程度のボートが漂うようなもので、わずかな風なのでエンジンも止めて静寂の海に浮かんでいます。

明石海峡周辺のエサ場の青物を攻めるときは、3~4ktの速い流れでないとスイッチが入らず食ってきませんが、待ちの釣りは、「待ち伏せ」ですから、静かに動きを止めて待ちます。

周期的に回遊あり

2本目を出し、左右でアジを泳がせて待つと、サオ先が「ブルブル」と前アタリで、次に「ズーン」と入ります。やはり狙い通りに周期的に回遊しているようで、赤ちょうちんを見た私のように、アジが引っかかってくれます。

まさしく「やってやったり」の感覚で楽しい釣りです。

よそ見をしていると、前アタリだけで、何事もなかったようになる時があります。エサだけ奪われる食い逃げも多発するので、目を離さないようにしています。

それでも当日は3回やられました。もちろんハリだけで待っていても魚は掛かりません。

朝一番が時合い

当日は、7時に釣り開始で、9時に大潮の満潮の予想です。夜が明けるのが6時過ぎ、たぶん腹をすかして朝ごはんを探しているところが時合いと考え、狙い通りです。

夜は食べていないでしょうから、空腹の朝一番に初めて見るアジはとんでもないごちそうです。朝一番で、さらに潮の効く時間帯ならば、これは本日のような狙いの時合いです。後で見た胃の中は、ほとんどが空っぽでしたから、飛びついてきたのでしょう。

2本の竿にダブルヒットも!

2本サオ、同時に来たらどうしようと思っていると来るもんなんです。1本目にアタリが出て飛びついたら、もう1本のドラグがジーッと音を出しました。とりあえず、そのドラグを締めて走らないようにして、1本目を強引に巻き上げ、ハリス8号を信じてごぼう抜きにして、床でバタバタしている魚を無視しながら、海面に突っ込んでいる幸せな2本目のサオに取り掛かります。無事に2匹を釣り上げ、こんな楽しい青物は時間がすぐ過ぎていきます。

ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦ハマチヒット(提供:WEBライター・丸山 明)

ケミホタルが効果的?

ボートノマセ釣りでハマチメイン『ブリ族』8匹 「待ち」の釣りで挑戦ケミホタル付きの仕掛け(提供:WEBライター・丸山 明)

ケミホタルを1本だけに使用しました。私には科学的にわからない効果のほどで、有無の比較でアナログ的にもはっきりしないですが、ケミホタル付きに分があるようです。釣果も過半数を超えています。ボワーッとした緑色の光が、赤ちょうちんの代わりだったのかもしれません。当分は、面白がって使っていきます。

次のページで最終釣果発表!