【2019東京湾】スミイカ狙い『シャコテンヤ釣り』初心者入門解説

【2019東京湾】スミイカ狙い『シャコテンヤ釣り』初心者入門解説

東京湾のスミイカが出船を開始。順調な滑り出しをみせている。釣法はシャコテンヤとエギ・スッテの2種類。一日船のほか、午前と午後の半日船で出船している船宿がある。状況や時期によってはアオリイカを同時に狙うことも。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

スミイカ狙いのシャコテンヤ釣り

他魚種タックルで代用ができ、比較的手軽なエギに対し、シャコテンヤは専用竿でおこなう本格派。ベテランはテンヤを作ったり、竿の元ガイドにグリップテープを巻いたりと工夫をこらしている。

タックル

専用竿の2.1~2.4mがベスト。9対1ほどの極先調子が特徴的。リールはPEライン2号を200m以上巻ける両軸がベスト。

【2019東京湾】スミイカ狙い『シャコテンヤ釣り』初心者入門解説タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ミチイトはあまり細いとイト噛みやバックラッシュ、高切れなどトラブルが起こりやすい。シャクリの力がしっかり加わり、イカの乗りを感知できるちょうどいいのがこの太さ。

テンヤとエサ

冷凍でも、エサ付けの基本は同じ。下図を参照に、崩れない付け方でしっかりとしたシャクリをマスターしよう。

【2019東京湾】スミイカ狙い『シャコテンヤ釣り』初心者入門解説シャコの付け方(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサを付ける輪ゴムは人によって違うが、透明やテンヤと同じ色にしている人は多い。

スッテ

イカに興味を引かせる意味でも、併せて使用したい。そのときの状況次第だが、スッテに多くヒットすることがある。大きさはSサイズで、カラーは数種あったほうがいい。接続には親子サルカンは使用せず、回転ビーズや直結がお勧め。

シャコテンヤの釣り方

シャコテンヤのシャクリ方とアワセ方を紹介。

シャクリ方

シャクリの前に、この釣りはほかの釣りではなかなかやらない竿の持ち方をする。最終ガイド付近をリールを持つ逆の手で持って、竿をシャクる。竿の角度は水平以下にしないことが鉄則。

竿のシャクリ幅を目安にするのではなく「再着底まで~秒」といった方法で、シャクリ幅を覚えておけば、投げてテンヤが遠くにあったり、水深が深い場合でも、海底では一定のハネ上がりを演出できる。

テンヤを水平ポーズさせるのが基本。竿を水平以下にしてしまうと、船の動きでテンヤを引っ張ってしまうので、水平ポーズではなくなってしまう。

水平ポーズで数秒止める。ほかには、テンヤを動かさないでスッテのみを動かすように、竿をシェイクさせてイカの興味を誘うのもいい。

アワセ方

竿を立てる角度によっては、体全体をを反らせて力強くアワせる動作が必要。

次のページは東京湾のスミイカ釣果情報を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。