名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾

名古屋港に待望のタチウオが入ったとの情報が釣友から入った。そこで急きょジギングタチウオ調査へ。当日は、ヒットパターンにハマり、タチウオ連釣し、各自指4本を頭に20尾程度の釣果となった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タチウオ連続ヒット

皆さん連続ヒットで船上はにぎやかになってきたが、9時を回ると真夏並みの太陽と微風でじりじりと焼ける感じになってきた。名古屋港の東岸壁は工業地帯。煙突の陰に入ると涼しく、タチウオもシェードに着いているのか、こちらにとっても暑さをしのげて好都合だ。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾タチウオ連続ゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

渋い中ヒットパターンを探る

この日は大潮で潮が速く、高橋キャプテンは日陰をキープするため操船に専念してくれる。各自釣れ続くかと思いきや、アタリがピタリ止まった。

同じパターンでは見切られてしまうので、すかさず浅井さんはスピニングタックルに自作10gジグヘッドに切り替えて、前方のシェードへキャスト。ボトムを探ってヒットを連発させ、10匹以上をキャッチしたのはさすが陸っぱりのスペシャリストだ。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾APC浅井さんは渋い中でも連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

その日の中でも刻々とヒットパターンの変化するのがタチウオジギングの面白さであり、難しいところ。このゲーム性の高さが人気の秘密だ。

当日の最終釣果

だんだん日が高くなるにつれ、煙突の陰も短くなり岸壁に近くなったころ、この日一番の良型の群れに遭遇。軽いジグでの強烈なアタリと引き込みを堪能して、各自指4頭に20匹近く釣って11時にロッドオフとなった。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾鋭い歯に要注意(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

<週刊つりニュース中部版 APC・水野武司/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港沖
出船場所:筏川
この記事は『週刊つりニュース版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。