名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾

名古屋港に待望のタチウオが入ったとの情報が釣友から入った。そこで急きょジギングタチウオ調査へ。当日は、ヒットパターンにハマり、タチウオ連釣し、各自指4本を頭に20尾程度の釣果となった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートでのジギングタチウオ

午前7時に船着き場に到着すると、今回乗船の鈴木さん、志知さん、川中さんにごあいさつ。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

今回高橋キャプテンの所有するボートへ最小限の荷物で乗り込み、愛知県・飛島村の筏川から出船した。前日の予報では北風強く、南海上の低気圧の影響でウネリが入る予報だったが、港内を出ても微風。ウネリもなく浅井さんと近況を話していると、あっと言う間にポイントに到着した。

早々に指3本級タチウオヒット

すでにイトを垂らしている船では、銀ピカに輝くタチウオが釣れているのが確認できた。高橋キャプテンは魚探でタチウオの群れを確認し、水深12mでボートを止めてジキング開始。

すると川中さんに初ヒット。指3本ぐらいのきれいなタチウオに思わず顔がほころぶ。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾ファーストヒットを掲げる川中さん(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

次にヒットしたのは浅井さん。こちらも無事同型を取り込む。スピニングタックルで挑む鈴木さんは、アタリはあるのだがなかなかヒットに持ち込めない様子。そこで高橋キャプテンのベイトロッドに持ち替えると即ヒットでタチウオキャッチ。

仕掛け変更で待望のヒット

いいポイントに入ると川中さん、浅井さんにヒットが続く。そして志知さんにもヒットで私は大焦り。今回高橋キャプテンにジグウエート80g以下と聞いていたので、自分なりのジグウエートやフックを準備して来たのだが、私だけ波に乗れない。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾高橋さんはさすがの連釣(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

見かねた高橋さんがデュエルのブランカ100gグローチャート、3本アシストフックを貸してくれ、ワイヤーリーダーからチモトをダブルリーダーへ変更してボトムから大きめのワンピッチジャークとフォールを組み合わせると待望のヒット。久しぶりのタチウオの引きを楽しみながら指3本級をゲットできた。

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾コツを掴みヒットした(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

デカマゴチ登場も痛恨のバラシ

ヒットパターンが分かったところで同じ動作を繰り返すと連続ヒット。今度は志知さんにビッグヒット。大きな引き込みでタチウオと違った引きで、水面に顔を出したのは50cm以上はありそうなデカマゴチだが、タモを用意する間にエラ洗いでバラシ。残念!

名古屋港ジギングタチウオでパターン見つけ連発 指4本頭に20尾船上は大盛り上がり(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野武司)

次のページで当日の最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。