イカダからのエギングで300g級連発 青物回遊に苦戦【ハルキチ屋】

イカダからのエギングで300g級連発 青物回遊に苦戦【ハルキチ屋】

秋アオリシーズン真っ盛り!各地の陸っぱりポイントは人であふれ、なかなか満足のいく釣果を得ることは難しい。そこで今回選んだフィールドはイカダ。近年新たなイカダエギングフィールドとして脚光を浴びている、三重県・南伊勢町迫間浦のハルキチ屋へ、9月20日に訪れた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

今後の展望

中盤の青物の大群で思ったほど釣果は伸びなかったものの、エギについて浮いてくる様子を見るとアオリイカのストックは相当なもの。

迫間浦のアオリイカは10月からが本格シーズンで、年内いっぱいは狙える。波穏やかなイカダで、じっくりエギングを楽しんでみてはいかが。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り掘りについて
ハルキチ屋
場所:三重県・南伊勢町迫間浦
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。