全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】

10月7日、キス投げ釣りの全国ナンバーワンを決める「第40回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権(主催:がまかつ)」の決勝大会が石川県かほく市の高松北部海岸で行われた。時間内に投げ釣りで釣ったキスの尾数で勝敗を決するルールで、全国の予選を勝ち抜いた30人の精鋭が集結。決勝では10投全てでキスを掛けた小島健治選手が終始ペースを維持し、初優勝を飾った。

石川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

全日本がま投(キス)選手権

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】当日の参加者(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

前日まではかなり荒れていた現地。前日に試し釣りに入ったメンバーによると、かなりキスの食いは渋くタフな戦いになる事が予想された。

ただ、その波も当日朝にはかなり落ち着き、早朝6時からの予選では30人の猛者たちがその腕をふるうのには十分な条件となった。参加者は全国の予選を勝ち抜いた27人に、昨年同大会の上位3人を加えた30人。

予選は3回戦方式

予選は3回戦方式で、3つに分けられた各エリアに10選手が入って釣り、1時間30分ごとにエリアを交代する。全員が3つのエリアで釣りを終えた段階で、釣ったキスの尾数で順位を決定する。各エリアで上位2選手が午後から行われる決勝戦へとコマを進めるルールだ。

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】予選のシーン(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

まだ少し波が残る中で行われた予選では、近投で着実に小型キスを1尾ずつながら釣り上げる選手や、思い切った遠投で連掛けを狙う選手など、思い思いの戦略を展開。

トラブルも続出

ただ、前日までの荒れた状況の影響か、切れた海藻などが漂い、試合序盤には、横への流れが激しく道糸の海藻が絡んだり、仕掛けを流されてのオマツリなども発生し、ラインブレイクやトラブルなどに見舞われる選手もいた。

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】近くで釣るのはオマツリ防止策(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ただ、前日の試し釣りに比べるとキスの食いはかなり回復しており、あちらこちらで小さいながらもキスが釣れて、1投目から4連、5連と連掛けができたエリアもあった。

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】キスが連で砂浜へ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

予選通過の面々

その結果、予選A組からは小竹永泰(富山県射水市・35尾)と昨年の覇者である米田和人(石川県加賀市・33尾)が、予選B組からは知久馬勉(福岡県福岡市・28尾)と森健治(兵庫県神戸市・25尾)が、予選C組からは長澤昇(愛知県安城市・33尾)と小島健治(神奈川県中部大磯町・29尾)の各選手が決勝へ進出した。

全日本投げキス選手権決勝戦レポート 小島選手が初優勝!【石川県】決勝進出を決めた6選手(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

次のページで決勝戦の模様をお届け!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。