淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!

淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!

淀川でのチニングのメインターゲットは、キビレだ。ただ、春や秋はマチヌの良型が釣りやすいシーズンでもある。さらにシーバスもこれからだんだんと楽しくなってくる時期なので、9月1日はチヌとシーバスの両方を狙って、大阪市内を流れる淀川へ釣行してみた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・原田誠司)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

淀川下流域でチニング

大阪を流れる淀川は、チニングの好場として知られている。もちろんシーバスも狙うことができる。そして、淀川ぞいには駅が多数あるので、電車釣行にもお勧めの釣り場だ。

今回釣行したのは左岸側にある伝法駅から徒歩10~15分歩いた河口側。ここは石積みの突堤が何本もあり、突堤の先端はかなり浅く干潮時には干上がってしまう場所も多い。そして、この浅場のゴロタと突堤の先端からの沖がポイントとなる。ただし、根掛かりしやすいので注意が必要だ。

淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!釣り場風景(提供:WEBライター・原田誠司)

当日のタックル&ルアー

今回使用したロッドは、ソルトセイスFE。ラインを通したまま8ftと8ft6inchに簡単に長さをかえることができるシーバス用のパックロッドだ。リールはC3000番、ラインはPE0.6号にリーダー12lbとライトなシーバスタックルだが、このタックルでシーバスはもちろんチヌも楽しめる。ルアーは6~7cmのバイブレーションを中心に使い、ミノーなども用意した。魚をつかむためのフィッシュキャッチャーRも使った。

淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!当日のタックル(提供:WEBライター・原田誠司)

潮位が低い間は反応なし

当日は午後5時ごろから釣りを開始。潮位が高い方が釣果を期待でるのだが、釣り始めた時は突堤と突堤の間の浅場が干上がるほど潮位が低かった。この時間帯はあまり期待できないが、とりあえずルアーをいろいろキャストしてみて魚の反応を探る。

潮位がある程度高くなってきた午後6時ごろからは、6cmのバイブレーションを使い、底付近を小刻みなリフト&フォールでチヌを狙ってみる。ルアーが底に着いたらすぐにロッドを立ててリフトさせないと、根掛かりする可能性が高くなるので注意が必要だ。

リフト&フォールでマチヌ45cm

しばらくするとチヌのアタリ。アワせてやり取りを開始すると、よく走る。慎重に足元に寄せると大型のチヌが姿を見せた。よく見ると小型のバーブレスフックの1本だけが掛かっている状態で、少しでもテンションが抜ければハリ外れの恐れがある状況だった。

慎重にランディングしようとするがチヌが暴れてハリ外れ。気を取り直してキャストを続ける。

すっかり暗くなり潮位もかなり上がってきた午後7時ごろ、6cmのバイブレーションに再びチヌがヒット。さっきより明らかに小さいがそれでも良型。慎重にやり取りして足元まで寄せ、フィッシュキャッチャーで口をつかんでランディングした。45cmのチヌだった。

淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!仕留めたチヌ45cm(提供:WEBライター・原田誠司)

水面直下狙いリバーシーバスも

このチヌをリリース後、今度はシーバスを釣りたいと思い6cmのバイブレーションで水面直下をただ巻きで探ってみる。すると数投後、狙い通りのシーバスがヒット。何度かのエラ洗いをかわしてキャッチしたのは55cmのシーバスだった。

淀川チニング&シーバスゲームで2大本命登場 バイブレーションでHIT!シーバスも御用(提供:WEBライター・原田誠司)

午後7時30分ごろ、満潮時間まであと1時間ほどになり潮が止まってきた。このまま待って満潮からの下げを狙えば好釣果が期待できるのだが、翌日は仕事なので早めの納竿とした。

しばらくマチヌが楽しめるし、これからシーバスの活性がどんどん上がってくるシーズンなので、皆さんもチヌとシーバスの両方を狙って釣行してみてはいかがだろう。軟らかめのシーバスタックルがあれば両方を楽しめる。

<原田誠司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
淀川伝法下流