LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】

LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】

8月22日(木)、夏休み中の息子と相模湾茅ヶ崎のちがさき丸でライト五目釣りを楽しんだ。息子は、イサキの二点掛けやソウダガツオ、私は高級魚イラなど親子ともに楽しめた釣行になった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

夏休みの思い出に

同船では、8月は正午までのショート便で出船。小学校低学年に一日船はハードルが高いが、短時間なら行きやすい。夏休みの思い出作りにはうってつけだ。

前日に出船確認をして予約。当日は6時に宿に行き、受け付けを済ませて、氷とレンタルのビシを受け取り、荷物をトラックの荷台に乗せ、港まで運んでもらう。

船着き場まで移動して、右舷胴の間に釣り座をセット。予約した釣り人がそろい6時45分に米山翔太船長の舵で出港。薄曇りで北風が吹き、残暑を忘れられる心地よさ。

まずはアジのヒットから

約10分でポイント着。「水深26mです。根掛かりしやすいのでタナは上から、23~24mで取ってください」とのアナウンスで開始。支給されたオキアミを付けエサにして、ビシカゴにアミコマセを8分目に詰めて、”仕掛け→ビシ”の順で投入。

LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】タックル例(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

タナに合わせてコマセを振って待つ。すぐには反応なく、数回繰り返すと、息子の竿にアタリ。上がったのは22cmアジ。体高があり黄色がかった瀬付きのいかにも脂乗りがよさそうな魚。

船中でもぽつぽつ上がっているので「アジのチャンスタイムか」と思いきや、エサ取りが多くなってしまい、フグがきてハリスが切られることも。船長は1時間で見切りを付けて次のポイントへ。

烏帽子岩付近でイサキの二点掛け

LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】息子も2点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

烏帽子岩付近の水深25mに移動。底の起伏が激しいため「タナは上から20~10mまでを探るように」との指示。

数投すると反応があり、竿先が動く。上がってきたのは20cm前後のイサキ2点掛け。小ぶりだが、刺し身にしても意外と脂がのっているし、小ぶりなので酢漬けや揚げ物などの料理で使いやすい。

15~10mまでコマセを振ってくるだけで入れ食いモード突入。一方、同じ仕掛けを使っている息子にはアタリがない。

どうやら、シャクった後に、「止める」動作ができていないようで、しっかり止めるように指示すると、2点掛けできるようになった。

ワカシにソーダガツオも

海上は時折、トリヤマができて青物が周っており、巻き上げ途中にいきなりひったくられるアタリ。1.5号ハリスで慎重にやり取りしてタモ入れしたのは30cmワカシ。

ワカシとはいえ、ライトな道具での駆け引きはスリリング。活締めして神経抜き処理すると、プリプリした食感を味わうことができる。

息子にはソーダがヒット。俊敏な引きを味わって取り込んだ。

LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】息子はソーダをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

高級魚イラも登場!

隣の田邉さんには何やら大物らしきアタリ。重厚な引きを制して上げたのは2.2kgイラ。

LT五目釣りを子供と一緒に満喫 イサキにアジにワカシ【ちがさき丸】田邉さんに高級魚のイラがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 青砥一生)

メインターゲットにはなることは少ないが、刺し身に揚げ物、西京漬けは最強に美味しい魚。鮮魚店ではそれなりの価格で流通している。

2時間ほどイサキ主体に狙ったあと、ポイントを転々としアジやソーダを追釣。正午を迎えて納竿した。

次のページで最終釣果を発表!