キャスティング&ジギングでハマチ中心に青物50匹以上キャッチ【三重】

キャスティング&ジギングでハマチ中心に青物50匹以上キャッチ【三重】

8月22日、三重県桑名市の港から出船してルアーゲームを楽しんだ。当日は、ナブラ狙いのキャスティング&ジギングで、ハマチなど青物を50尾以上の大満足な釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鈴鹿方面へ

現地に到着したのは午前4時ごろで、釣友の宮地さんにあいさつして薄暗いなか出港した。

大雨や台風の影響もあってか、流木がちらほら見えるので中低速で船を走らせて鈴鹿方面を目指していく。

キャスティング&ジギングでハマチ中心に青物50匹以上キャッチ【三重】台風の影響で流木がちらほら(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

すると四日市を抜けた辺りで小さなナブラが発生したり、鳥が水面に突っ込む場面に遭遇した。

キャスティングゲームのタックル

1時間半以上をかけて鈴鹿の白子沖に到着。すると、ナブラが発生しており鳥も水面下に突っ込む様子が見えて、いかにも釣れそう雰囲気がプンプンしていたので、ナブラを散らさないようにナブラの動く方向を見極めて、丁寧なアプローチを心がけるようにした。

当日のタックルは、シーバスロッド83LにリールがステラC3000、ラインがPEライン1.2号、リーダーがフロロカーボンラインカーボン22lb、ルアーは飛距離を出すためにジャクソンピンテールチューン35のチャートホロカラーとした。

ナブラ直撃でハマチゲット

キャスティング&ジギングでハマチ中心に青物50匹以上キャッチ【三重】ピンテールでハマチゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

ナブラの動く方向にキャストし、速巻きとストップを入れた瞬間にヒット。アワセを入れさらに追いアワセを入れてファイトに持ち込む。

ジリジリとドラグを鳴らして走り、船べりが近づくと下に突っ込んでロッドを大きく曲げる。慎重にやり取りしてキャッチしたのはハマチだった。開始1投目のキャッチに思わず笑みがこぼれた。その横で宮地さんもミノーでハマチをキャッチする。

続けて私にヒットした魚は重量感がかなりあり、一気にドラグを鳴らして走る。慌てず慎重に寄せてくると、海面下に魚影を確認。70~80cmはあるサワラだと分かった。しかし魚が反転した瞬間、重みが消えて痛恨のバラシとなってしまった。

ジギングへ変更

その後もトリヤマとナブラを探し、ハマチとイナダを連続キャッチしていった。太陽が顔をのぞかせると、ナブラが落ち着いたので今度はジギングで探ることにした。

ジギングのタックルはロッド がディアモンスターMX‐6(グリップを上下チェンジしてスピニング使用)、リール がツインパワーC3000番、ラインがよつあみG‐SoulスーパージグマX8PEライン0.8号、リーダーがシーバスショックリーダーフロロカーボンラインカーボ22lb、メタルジグはシーフラワー45gの赤金にフックはミドルパイク1/0を上下にセットした。

ジグでもハマチを追加

ジグをキャストして水深30m前後の底まで沈めていく。着底後斜めにワンピッチショートジャークで誘いをかけていくと、ジグを止めて動かした瞬間にドンッとヒット。

巻きアワセを入れると、力強い引きが伝わった。キャッチしたのはハマチだった。また上下のフックに魚が掛かるツインヒットもあった。

ナブラを探して回っていると、ハッキリとした潮目を発見してその周辺ではトリヤマとナブラが発生。ここで再びミノーをキャストすると、狙い通りにハマチがヒットする。だが潮が変わって潮目がバラけると反応がなくなってしまった。

当日は青物大漁の釣果に

気づけば日も高くなり、正午をすぎていたのでここで帰路に就いた。

今回の釣果は2人で青物を50匹以上キャッチ。最初は塗装のきれいだったお互いのミノーがボロボロになっている姿を見て、充実したゲームをできたと実感することができた。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。