真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】

真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】

毎年恒例となった、大分県佐伯市・番匠川のトップで狙うチヌゲーム。番匠川は1級河川で言わずと知れた、シーバスやチヌの実績十分の広大なポイントを有する素晴らしい河川である。8月10日と8月17日の釣行をレポート。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川でトップウォーターチニング

数年通った番匠川であるが、ポイントは多く迷うところであるが、日暮れまでの短時間釣行ということで、過去に実績のあるポイントを潮位に応じて狙ってみた。

到着したのは午後5時で、潮位は満潮に近く水位は高い。そのため、トップで狙うには本流だと水位が高すぎる場合が多い。まずは街中を流れる番匠川の支流を狙うことに。川幅20mほどの水路だが、シーバス、チヌ、メッキと過去の実績十分のポイント。

真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

まずは1投目。定番のポッパーをキャストし、丁寧にアクション。すると、ポッパーの後ろから水面が盛り上がるようにチヌのチェイスが見えた瞬間、バシャッと激しいバイト!グイグイとトルクフルなチヌの引きだ。手前に寄せてもドラグからラインを出す元気のいい40cm近いキビレチヌを幸先よくキャッチ。バイトの激しさは本チヌを上回り、非常にアグレッシブである。

真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】元気の良いキビレが顔を見せた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ポイント変更でメッキゲーム

よし次も、といきたかったが、2尾目のチェイスもバイトもなく、アタってくるのは小型のシーバスのみ。時間もないので長居は禁物、良いポイントはまだまだある。

次のポイントも本流から農業用の狭い水路を狙う。しかし、期待と違いバイトもないため、本流側を狙う。すると、何度も連発してきたのは10cm前後のかわいらしいメッキ。20尾ほど釣ったが、チヌからのミスバイトが2回ほどあったが、ヒットに持ち込むことができなかった。

真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】狭い水路の本流側でメッキが連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

大場所へ移動しシーバス連発

3つ目のポイントは河口部の新佐伯大橋近く。ここは堅田川との合流点であり、大型シーバスと、私は一昨年に年なしチヌを釣った場所である。大場所で夕マヅメ最後のポイント。

ポッパーを引くと、上げ潮で水面に浮いた大量のアマモが邪魔をしてフックに絡み、アクションできない。ゴミの少ない場所を選び、少ないチャンスを狙う。

すると、激しくバイトしてくるのはターゲットのチヌではなく、シーバスのオンパレード。1投3バイトぐらいで、20~40cmぐらいまでのシーバスが連続でヒット。これも楽しいのだが、本命のチヌは足元にいるものの、潮位が高過ぎることやゴミの問題もあり攻略できず、とうとう日が沈んでしまう。

こうなるとトップでの釣りはむずかしく、帰宅時間もあるので7時すぎにストップフィッシング。また来年行ければと願い、釣り場を後にした。

真夏の河川トップウォーターゲーム シーバス&チヌと戯れる【大分県】シーバスは河口部の大橋下にて(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

次のページで別日のウェーディングゲームをお届け!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。