父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】

父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】

お盆休みに直撃した台風10号のおかげで船釣りは中止。全然釣りに行けなかった。やっと出港できるようになった8月19日は、焼津市の大井川港からキダイ(底物五目)狙いを楽しんだ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

キダイ狙いの底物五目

午前4時30分に集合した釣り人は7人。私は右舷3番目、娘は4番目に釣り座を取り、早速準備を始める。軟らかめの船ザオに電動リールをセットし、片テンビンに水中ライトと100号のオモリを垂らす。

ハリス5号3mに丸セイゴバリ15号を結び、チモトに5号の夜光玉を3個入れる。
仕掛けは、私が3本、娘が2本バリのオリジナル。エサはオキアミだ。

用意ができ、ポイントのセノ海に向けて出港。港を出ると、台風の名残か海はカフェオレ色だった。だが、それも沖に出るとだんだん薄くなり、到着したポイントには濁りが見られない。風もなくナギで、久しぶりにいい状況だ。

父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

娘の竿にアカイサキ

そして午前6時に釣り開始となり、エサを付けて投入する。この日は水深70~110mの場所を攻めた。オモリが着底したら5m巻き上げ、ミチイトが下を向いたらもう一度落として底を取り、そこから3m巻き上げてアタリを待つ。

私が同船者3人とオマツリしているなか、娘は「きた」と言いながらリールを巻き上げる。いきなりダブルでアカイサキを釣ってご満悦だ。

かなり潮が速くオマツリが多発するが、そのなかでもアタリを取っていく。小さいアタリがあり、聞きアワセをすると一気にサオを絞り込んだ。途中でも何度もサオを絞り込む心地いい引きを堪能し、良型のキダイを釣り上げた。

すぐにエサを替えて投入する。タナを合わせると、すぐにアタリがきた。今度はいきなりひったくるアタリで、上がったのは良型のアカイサキだ。微妙なアタリでサオ先が微妙に震えているときはヒメだった。

父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】アカイサキやキダイをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

ヒメパラダイスに・・

1時間ほど入れ食いを堪能したが、日が出て水温が上がってくるとヒメの活性が上がり、ヒメパラダイスになった。オモリ着底と同時にヒットし、タナを取るときにはサオ先が震えている。そのまま巻き上げるとヒメのダブルだ。次もヒメ。船中ヒメだらけで移動となった。

その後は食いが渋くなり、1投目で何人かにアタリが出ても2投目はアタらない。潮が止まって船も全然流れなくなったので釣りやすくなったが、アタリもなくなってしまった。たまにヒメが釣れるだけで、いろいろと移動してくれたが状況は変わらなかった。

潮の動き出しで本命キダイ!

正午を過ぎるころに潮が動きだすと、久しぶりにサオを絞り込むアタリがきた。良型のキダイだ。アタリもだんだん増えていき、心地いい引きを堪能する。

父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】良型のキダイゲットでニッコリ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

娘も40cm級のキダイを釣って満足そうだった。

最終釣果

釣果はキダイ15~35cm12匹、アカイサキ20~40cm11匹、カサゴ、メバル、ヒメ、ベラ、トラギス、ヒメダイ、サメなどいろいろな魚を釣り、午後1時に納竿となった。

父と娘で底物五目釣り 良型キダイにアカイサキと子供も満喫!【焼津】娘にも40cmキダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

底物五目釣りは、いろいろな魚種が釣れるし、タナ取りが楽なので子供にも釣りやすくてお勧めだ。また一年中釣れるのでいいと思う。私たちも秋~冬にかけて底物五目とアマダイ中心に釣っていきたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:藤丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。