陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】

陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】

8月24日(土)、静岡南伊豆の本瀬港と大瀬港で、メッキのルアーフィッシングを楽しんだ。本命が連発し、ゲストにセイゴが出るなど好調で満足がいく釣行となった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

本瀬港と大瀬港でメッキゲーム

西伊豆はシケて雨が降っていた。南伊豆へ移動して、本瀬港と大瀬港にしぼってメッキゲームを行うことにした。

この時期の伊豆半島は海水浴シーズン真っただなかなので、釣り場がそれほど選べない。できる場所で、少しでも魚が集まっていそうなポイントを探るのがセオリーだ。

陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】当日のタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

本瀬港のポイント

最初に入った本瀬港は、夏から晩秋までメッキの実績が高い場所。

なかでも小さな流れ込み周辺は、地形変化が手伝って回遊実績は高い。現地に着いてみると、その流れ出し部分を工事している。河口部分が埋まってしまい、そこを修繕して流れを作り直しているようだ。

そこを探ることはできず、護岸の横から始めることにする。雨が強く降っていて車の中で待つことにする。しばらくすると、空が明るくなってきた。雨は徐々に落ち着いてきて、ようやく外に出られるくらいになった。

陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】本瀬港のポイント(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

短時間でメッキ12尾にセイゴ1尾

一番奥のシャローからキャストを始めると、いきなりメッキがヒット。小型ではあるが、幸先がいいスタート。その後も、ぽつぽつと食ってくるが、サーフに下りてみる。

流れ着いている千切れた海藻がじゃまで、なかなか思うように釣りはできない。それでも、着水と同時のヒットや、セイゴ交じりでぽつぽつ掛かる。

短時間ではあったが、この狭いエリアだけで10~15cmのメッキが12尾と、30cmほどのセイゴ1尾をキャッチ。

陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】本瀬港のメッキ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

大瀬港の流れ込みで入れ食い

次に向かったのは、隣の大瀬港。ここでのメインは、港内のスロープ。トップシーズンになるとどこでもヒットするが、初期は奥の流れ込み周辺がイチオシのポイントになっている。念のため順番に端から探ってみたが、予想通り反応はない。

ところが流れ込みが近づいてきたら、突然、メッキのチェイスが始まる。プチ入れ食いになり、短時間で7尾のメッキを追加。サイズはどれも15cm以上で、最大は17cmだった。

陸っぱり『メッキゲーム』で15~17cm連発 回遊接岸中【南伊豆】大瀬港のメッキ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

いつの間にか日差しが強くなってきたので納竿。南伊豆のエリアにも、十分に楽しめる量のメッキが接岸しているようだ。

これから秋にかけて、各所でこの魚狙いのアングラーが増えてくるだろう。混んでくると釣り場の確保は難しくなるが、できるだけピンポイント攻略を意識して探り歩いてみてほしい。

<週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
本瀬港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。