エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】

濃厚な食味でブランドになっている東京湾のマダコ。今シーズンは「数十年ぶり」とも言われる当たり年。8月10日(土)、東京湾原木中山の林遊船からエギタコ釣行にでかけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

林遊船からエギタコ釣行

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】空調服は炎天下でも快適(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

6時半に受け付け。林克樹船長に話を聞くと、「釣趣と食味のよさで急激にファンは増えていて、マダコ船は連日満員の大盛況です。

きょうは初心者が多くいらっしゃるので、楽しんでもらいたいと思います」とのこと。この日も19人で満員御礼。

右舷ミヨシ2番から、常連の小池範和さん、私、ゲストの松本祥子さん、宮島早苗さん、須藤花絵さん、下村さん。

定刻の7時半に林船長の舵取りで河岸払い。

最高気温が35度の猛暑で、朝から暑いが快晴微風の釣り日和。まずは、ずっと好調だった湾奥の消波ブロックのポイントで様子をみる。

自作ワーム仕掛けで500g

大ドモで船中一尾目は抜き上げられるが、後は続かない。初挑戦の人が多数なので「根掛かりが少ないところでやりましょう」と船は横浜沖へ移動。これが大正解だった。

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】自作のワーム仕掛けで連釣(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

堤防際のポイントを流すと、小池さんが自作のワーム仕掛けで500g級を2連釣。

イカエギで怒涛の5連チャン

私は実績が高い2.5号オレンジ色のイカエギをキャストして、オモリが海底から離れない程度にエギだけをシェイクした後、10秒ほどゼロテンで止めてアタリを待つ。

再びシェイクしようとした時に、ムニュッというタコの触り。そのままテンションを抜かないように竿を上げ、アワセをいれると、ズッシリと心地よい重量感。

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】マダコはどんどんサイズアップ中(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

イカ用の小型エギは、カンナが小さく、少しでもテンションを抜くとバラシの原因になるので、アワせたままの竿の角度でゆっくり巻き上げ、800gをキャッチ。そして、そのまま5連釣して気分は上々。

1.5kgの大物が人生初ダコ

初挑戦の4人にヒットパターンを伝えると、皆、初めてとは思えない飲み込みの早さで、まずは隣の松本さんが人生初のマダコをキャッチし大喜び。

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】初めての大ダコにビックリ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

船中でもバタバタ上がり、下村さんはいきなり一尾目から1.5kgを手にして「これはめちゃくちゃ面白い釣りですね。」と満面の笑み。

8連チャンの入れ食いを堪能

エギタコで怒涛の8連チャン 初経験者にもヒット連発の好乗り【東京湾】良型8連チャン(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

アタリがだせなかった2人に、私の当たりエギを貸すと、すぐに須藤さんがゲットしてニッコリ。宮島さんは初タコを上げた後、そのまま3連釣して「超楽しい」と破顔一笑。

コツをつかんだ4人は、その後もコンスタントに釣り上げる。私も8連チャンの入れ乗りを堪能。

次のページで最終釣果を発表!