カゴ釣りで4kgタバメ(タマン)にアカハタやシブダイ【鹿児島・上甑島】

カゴ釣りで4kgタバメ(タマン)にアカハタやシブダイ【鹿児島・上甑島】

上甑島(かみこしきしま)・里(鹿児島県薩摩川内市)の夜釣りで夏魚が本番を迎えた。タバメを中心にシブダイなどの食いが活発だ。7月27日に釣行したときは、短時間のサオ出しで満足いく釣果に恵まれた。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島で遠投カゴ釣り

午前3時ごろ、渡船で里港近くの地磯へ。夜明けまでの短時間勝負なので、急いで準備に取りかかる。

カゴ釣りで4kgタバメ(タマン)にアカハタやシブダイ【鹿児島・上甑島】上甑島の地磯(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

前回の釣行ではカゴ釣りにアタリが多かったため、迷わず遠投カゴ釣りの仕掛けを用意。

ウキはトップに羽があり、投げるときに安定した姿勢を保つ遠投カゴサビキ、ハリはタバメの大きな口にしっかり刺さるカット真鯛を使用した。

カゴにオキアミボイルの小粒を詰め、ハリにはエサ持ちのいい、くわせキビナゴを刺した。

カゴ釣りで4kgタバメ(タマン)にアカハタやシブダイ【鹿児島・上甑島】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

タバメ4㎏級をキャッチ!

サオ1本のタナで15mほど先から探りを入れる。3、4投は手返しを急ぎ、まきエサ代わり。5投目以降は間合いを長くしてアタリを待った。

間もなくウキがピクンピクンと動き、ギュンと消えた。さほど手応えはなく、上がったのは600gほどのクロだ。

アタリは連発し、今度はウキが勢いよく入った。サオを起こすとズッシリとした重量感。強引に寄せるとバシャッバシャッと水面をたたく音が聞こえ、静かになったところでタモに収めたのは4kg級のタバメだった。

アカハタやシブダイも浮上

その後もアタリは続き、500~700gのアカハタ、シブダイ、オジサンが次々にサオを曲げ、さらに1.5kg前後のタバメを追加したところで6時前に納竿した

現地の夏魚は10月ごろまで楽しめる。夜釣りでも釣れれば〝汗だく〟になるので、飲み物はたくさん準備したい。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出港場所:薩摩川内市里町里
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。