シーバスの聖地でトップゲーム堪能 シャローエリアを狙う【島根・松江】

シーバスの聖地でトップゲーム堪能 シャローエリアを狙う【島根・松江】

シーバスの聖地で名高い、島根県の松江エリアへデイでのトップゲームを堪能しに釣行してきた。当エリアはシーバスの魚影が抜群に濃いことでも有名。ハイシーズンはまだだが、否が応でも期待が高まる。

島根県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・落合浩大)

Kouta_Ochiai
Kouta_Ochiai

釣り、音楽、スケボーを愛するソルトアングラーです。大阪や島根でシーバス、ジギングをやっております。

Kouta_Ochiaiの担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー ショア

シーバスの聖地へ

島根県松江市は、水の都とも呼ばれ自然豊かな城下町だ。

シーバスの聖地とも呼ばれぐらいシーバスの魚影が抜群に濃いエリアである。数多くの一級ポイントが存在し、とにかく夢のあるフィールドなのだ。8月の前半に釣行した。

当日の状況

前日は同エリアでウェーディングにてエントリー。トップオンリーで数回のバイトが出たが、乗らず魚からの反応が無くなりその日は終了。当日は、前日の反省を生かし、午前4時にエントリー。場所は湖へ注ぎ込む小規模河川の河口エリア。この日はウェーディングではなく陸っぱりで狙う。

一帯がシャローエリアになっており、水深も1mから1.5m程。流れはゆっくりと下流へ動いている。目視出来るベイトはボラの稚魚のハク。たまにハクが水面を逃げ惑う。

そのタイミングで単発でボイルが起きる。シーバスはシャローに入ってきているようだ。この時期、サイズは期待出来ないが、トップでの数釣りが出来る季節なので、それはそれで面白い。

魚も表層を意識していると考え、迷いもなくトップを選択。ルアーはポップクイーンF80のコットンキャンディ。表層を意識しているシーバスには効果的だろう!と思い自分の中でイメージ作りをする。

トップでシーバスヒット

夜明け前、手前20m付近に潮目が出来ている。その付近でベイトが何やらザワついている。ルアーを少しアップに投げ込み、流れに乗せてドッグウォーク。

三投目。潮目の切れ目でボゴッ!出た!シーバスだ。そこから豪快なエラ洗い!

この瞬間が最高に気持ち良い。

トップでしかもデイゲームで出すシーバスはナイトよりも気持ちが良い。サイズの割には元気の良い魚でゆっくりと時間をかけファイト。足元に寄ってきたのは50cm程のシーバス。

何よりトップで出たのがサイズ関係なく嬉しい。

シーバスの聖地でトップゲーム堪能 シャローエリアを狙う【島根・松江】トップにヒット(提供:WEBライター・落合浩大)

スローなアクションで追い釣り!

そこから追加を目指し、同様のパターンで誘う。しかし、たまにチェイスは有るがなかなか乗らない。そこで、アクションを緩めてスローなアクションで誘う。

すると、潮目付近で、ボコッ!っと水柱を上げて出た!しかし、明らかにサイズが小さい。 簡単に寄ってきてそのまま抜き上げる。30cm有る無しの可愛いシーバス。

シーバスの聖地でトップゲーム堪能 シャローエリアを狙う【島根・松江】さらに追加(提供:WEBライター・落合浩大)

この2本を釣ってからはトップでの反応は皆無。日が昇りだしてからは反応がゼロになってしまった。

ベイトはいるのだが、シーバスの捕食レンジが下がったのだろうか?ならばと、ルアーをレンジバイブに変更し、駆け上がり付近をリフトアンドフォールで狙うと待望のヒット。

しかし、エラ洗い一発でバレてしまう。そこからは流れも無くなり、反応もなく午前9時にはストップフィッシング。とにかく、暑くて釣りが続けられなかった。

雄大な夕日にも感動

その足で温泉へ行き、一息入れてから帰路についた。帰りに雄大な夕焼けを見て、こんな最高のフィールドで釣りが出来る環境は贅沢すぎるな!と改めてフィールドに感謝したいと思った。

シーバスの聖地でトップゲーム堪能 シャローエリアを狙う【島根・松江】雄大な夕日も堪能(提供:WEBライター・落合浩大)

個人的には不完全燃焼の釣りではあった。松江エリアのシーバスフィッシングはこんなものでは無いからだ。時期にもよるが、サイズ、数共にアドレナリン全開の釣りが出来るのが秋である。

これから秋から晩秋にかけて、松江エリアはランカーシーバスのハイシーズンに突入する。夢のメーターオーバーを釣るのも夢では無く、現実味を帯びてくるのだ。はやくも秋のハイシーズンが待ち遠しくソワソワしてしまう自分がいる。

<落合 浩大/TSURINEWS・WEBライター>