今さら聞けない『ハリ』のキホン チヌ針を選択する際の3つのポイント

今さら聞けない『ハリ』のキホン チヌ針を選択する際の3つのポイント

前回の、『今さら聞けない『ハリ』のキホン グレ針を選択する際の3つのポイント』ではグレ針のセレクトについて解説。今回は、フカセ釣りのもう1つの人気ターゲット「クロダイ」のハリの選び方に着目していきます。

(アイキャッチ画像提供:WEbライター・多賀英二)

多賀 英二
多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。 ターゲットはクロ、チヌ、タイです。 山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。

多賀 英二の担当記事を読む
×閉じる

その他 お役立ち

チヌ針の特徴

チヌバリの特徴としては、その他の釣り針に比べて長軸で軸の径が細いということがあげられます。チヌは口が大きいことや、捕食の仕方からこのような特徴になっていると思います。ハリのメーカーにもよりますが、グレバリと比較して全体的に大きく、重たいなどの特徴があります。

チヌの捕食の仕方

チヌは群れで行動し、他の魚を追い払ってエサを食べるなど競争心が強い一面があります。そして警戒心が強いと言われている一方で、落ちてくるものや動くものにも反応し、好奇心が強い魚でもあります。

捕食の仕方も独特で、噛み付くというよりは、吸い込んで食べる食性があります。

クロダイの食性ですが、悪食と呼ばれ何でも食べます。主に、小魚や甲殻類。貝類、ゴカイなど様々なものを捕食します。釣りエサとして、スイカや蜜柑など珍しいエサも使われます。

実際に、釣ったチヌのお腹を捌いてみると、カキやカラス貝が入っているのをよく目にします。自然の中ではこれらを主食としていると思います。

チヌ針の選択方法

今さら聞けない『ハリ』のキホン チヌ針を選択する際の3つのポイントチヌ針(撮影:TSURINEWS編集部)

ハリの号数を選択する時のポイントをいくつか紹介します。先ず号数の種類には1~5号まであり、基本的なサイズは、2号~3号になります。

1.つけエサのサイズ

つけエサの種類やサイズでも号数を変える必要があります。オキアミを例にあげますと、Sサイズは1〜2号でMサイズは2〜3号、Lサイズは3〜5号など、すっぽ抜け防止したり、エサ取りに突かれた時にエサがハリから外れるのを防止したりする為に、そのツケエにあった号数を選択するとよいでしょう。

2.エサ取り対策

エサ取りが多い場合は、小さい号数のハリに大きなつけエサを使用することがオススメです。

例えば、1号のハリにあえて、Mサイズのエサをつけることで、アジなど足の早いエサ取りでもハリがかりをさせにくくすることができます。

3.狙うサイズ

最後に”狙いのサイズ”です。そのポイントのアベレージサイズが事前にわかっていればそれに合わせて号数選択することをオススメします。しかし初めての釣行ポイントでサイズがわからない場合は自分の中で基準を作っておき、その号数からはじめて様子をみるとよいでしょう。

こんなアイテムも

ネリエサを使用し遠投するとき、ハリからエサが外れやすい場合があります。その場合は、ハリの軸にスプリング状のものを入れることで、エサが絡みやすくなり、外れやすさを解消できます。

その他にも、ちょっとした工夫で、エサのハズレやすさやズレ防止ができるアイテムもあるので、試行錯誤することも釣りの楽しみのひとつです。

最後に

簡単ではありますが、今回はチヌバリの特徴を書いていきました。食い渋りの時やサイズの小さなつけエサを使用する時は、グレバリを使用するのも1つの手だと思います。チヌ釣りも他の釣りと同様に奥が深いので釣行を重ねてみてはいかがでしょうか。

<多賀英二/TSURINEWS・WEBライター>