サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】

いよいよ本格的な暑さになってきた7月26日(金)、静岡富戸のひろし丸へ。引きもさることながら、食味が最高なアカハタと、カワハギのリレー船を仕立てました。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ひろし丸でアカハタ&カワハギリレー

私にとって半年振りになる船釣りで、ワクワク。ご一緒したのは、フィッシング相模屋の店長と、お客様の平賀さんと小山さんの2人。

自宅を4時前に出発、5時半ごろ富戸港に到着。船長にあいさつしてから乗船です。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】富戸港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

まずはアカハタのポイントへ

6時に港を離れて、5分ほど走った近場のアカハタポイントへ。台風6号が発生していましたが、ウネリはなく〝嵐の前の静けさ〟という言葉がぴったりのベタナギ。

タックルは、7対3のライトゲームロッド。両軸リールにミチイトはPEライン1号。仕掛けは胴突き2本バリ。オモリ25号。エサは短冊切りにしたサバをチョン掛けにします。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】使用したサバエサ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

1投目から全員にヒット

船長の合図で投入。水深は25mです。

着底した瞬間にブルブルの反応、皆が一投目から本命をゲット。潮は流れており、活性がよく、入れればアタります。

誘いは「オモリが着底したら30cmくらいフワッと上げて下げる」をくり返し、時々、ゆっくり聞き上げます。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】小山さんも本命を釣りニンマリ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

ゲストにオニカサゴにウツボ

ゲストにはカサゴやオニカサゴが交じります。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】美味しいゲストにオニカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

ここで釣れて欲しくないのはウツボですが、高い確率で掛かってしまいます。「根掛かりしたかな」と思うほどのズッシリ感で、明らかに本命とは違う引きで、仕掛けも切られてしまう場合もあります。とぐろを巻きながら上がってきても、歯が鋭く危ないので、ハリスを切ってリリース。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】ウツボを釣りあげた店長(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

36cm良型アカハタ!

「またウツボかな?」と上げてくると、まさかの36cm良型アカハタです。

掛かると根に入ろうとするので、入られるまえに巻き上げることが大切。根に入られて無理に引っ張り出すと仕掛けが切れてしまうことがあります。ラインを張らずにゆるめると、気を抜いた魚を根から出すことができます。

サバの短冊エサで36cm頭にアカハタ10尾!【静岡県・ひろし丸】本命に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・齋藤かおり)

10時にアカハタは終了。小型の2尾はリリースし、20~36cmを10尾キープ。

次のページでカワハギ釣りへリレー