のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】

武庫川といえば、河口を挟んで尼崎市立魚釣り公園や鳴尾浜海釣り公園があり、沖には武庫川一文字と呼ばれる波止もある、周辺で様々な釣りが楽しめる川として有名だ。7月21日は釣友の喜多氏と河口周辺の手軽な釣り物と遊んできた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

武庫川橋下からサーチ

武庫川の海に近い部分では、主なものとしてチヌ、ボラ、セイゴ、スズキなど。阪神高速下辺りに可動式の堰があり、ここから上流はコイ、ボラ、ハゼ、テナガエビなどが釣れる。

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】小さなチヌもヒット(提供:WEBライター・森宮清釣)

この日は「武庫川でのんびり釣りをしよう」とだけ決めての釣行。何を釣ろうかと迷いながら、フィッシングマックス武庫川店に到着した。

店で手軽に釣れるのはテナガエビと聞いたので、イシゴカイを購入して武庫川橋下手から、サオを出して試してみた。

しかし、ここは下げ潮で流れが速く、エビ釣りには向いていないようだった。エサを大きくして探ってみるが、釣れるのは名前不詳のハゼ科の魚で5cm前後ばかりである。

フグにチヌなど小魚と遊ぶ

10mほど釣り上った所で小さな魚が釣れ、引き寄せているとこの魚を追ってくる黒い魚が見えた。仕掛けが細いので避けたが、手前で姿を確認したのは40cmほどのチヌだった。

普段なら仕掛けを変更してチヌを狙うところだが、今回は小物が狙いで1号前後の釣りイトがないため見送った。

その直後、大きいアタリでウキを沈めたのは、持ち帰って飼いたくなるほど美しいフグ君だった。ここでハリを数本とられたので、再び20mほど移動する。

11時ごろ、「大きいぞ!」と思わせる強い引きをする魚が掛かったので慎重に浮かせたが、おいしそうな黒いドンコを思わせる魚だった。

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】カワアナゴらしき魚(提供:WEBライター・森宮清釣)

武庫川駅下でテナガエビ狙い

間もなくお昼なので、武庫川駅下のテナガエビが釣れるエリアに移動。ここでは数人がサオを出していて、何人かに「釣れますか?」と聞いたら、「今日は不調で数匹」との返事だった。

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】駅の下は釣り人多し(提供:WEBライター・森宮清釣)

テナガエビも釣ってみたかったので、2m前後の軟らかいサオを取り出して、仕掛けを作ることにした。ミチイト0.3号にハリス0.2号10cm、ハリは秋田狐の3号、ミチイトに小さなピンポンウキを付けて、タナはオモリが底に着くように調整する。

この仕掛けを付けたサオを3本用意して、扇形に並べる。アタリは微妙で即アワセは禁物。ウキが沈んでいき、動きが止まるを見計らってそっと上げると、手応えが伝わる。

じっくり乗せて7匹

こんな釣り方で、2時過ぎごろに7匹釣れたが、残念なことに全部雌。抱卵しているのでリリースしたが、ハリが深く刺さってしまった3匹は生かして持ち帰って水槽で飼ってみた。が、2匹は助けることができなかった。

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】釣り場で出会った女の子も(提供:WEBライター・森宮清釣)

喜多氏はコイ釣りに専念、堰の上で50㎝級を釣った後、20㎝クラスのきれいなコイや可愛いチヌもゲットしていた。

のんびり小物釣りでテナガエビやハゼ類と戯れる【兵庫・武庫川河口】喜多さんが釣ったコイ(提供:WEBライター・森宮清釣)

今後はマハゼに注目

この釣り場でのお勧めだが、これからはエビもいいけれど、マハゼが面白そうだ。この日も30匹ほど釣ったが、型がすこぶるいいというのが感想。秋になれば小型の新子にかわる可能性もあるのだが、もしかしたら大型のハゼが釣れそう気もする。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
武庫川橋周辺

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。