コマセイサキ釣りで40cm頭に40尾超え【山口県・FUKURYO】

コマセイサキ釣りで40cm頭に40尾超え【山口県・FUKURYO】

7月13日、山口県・下関港のFUKURYOで蓋井島沖のイサキ釣りに藤井さん兄弟、中沢さん、松葉さんと私の5人で釣行した。トップの釣果は、40cmまでのイサキを40尾以上と大釣りに。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

FUKURYOにてイサキ釣行

午前5時30分にFUKURYOで出船し、釣り場には1時間ほどで到着。釣座は右舷前に私、トモに藤井さん(弟)、左舷前に松葉さん、胴の間に藤井さん(兄)、左舷トモに中沢さんだ。当日はアンカーを入れずスパンカー流しで釣る。

コマセイサキ釣りで40cm頭に40尾超え【山口県・FUKURYO】タックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

35㎝級がトリプルでヒット!

船長の合図で1投目を入れる。底から7mのタナで釣るように指示が出たので、仕掛けを底まで落としたら7m巻き上げ、サオを軽く1回振ってまきエサを出し、魚のアタリを待つ。

しばらくすると藤井さんにアタリがありサオが曲がった。私にもアタリがでてよく引いている。藤井さんは35cm前後がトリプル、私はダブルで釣れた。船中では全員にアタリがあり、良型イサキを釣っている。

潮の流れは緩いので2投目を入れる。今度は、リールのカウンターを見ながら落とし、サオ受けにサオを取り付ける。そうすると、船の揺れでまきエサが出るので魚にアピールできる。

すると、サオ先が海中に引き込まれ、良型がトリプルでヒット。同時に、松葉さんもトリプルで釣っている。しかし、7時30分ごろに潮が止まったのかアタリがなくなった。

コマセイサキ釣りで40cm頭に40尾超え【山口県・FUKURYO】大型をダブルでゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

40cmクラスも登場!

9時前になると、少し潮が動き始め、入れ食いとまではいかないがぽつぽつ釣れて、船中では誰かのサオが曲がっている状況。藤井さんはコンスタントにイサキを釣っているので、よく見るとまきエサの出し方が私と違い、出口を小さくしてポロポロと出るようにしている。私も同じようにして狙ってみると、確実に魚がハリ掛かりしてくる。

船長から、「魚の反応が上から50mに出ています。」と声が掛かったので、ミチイトのマーカーを確認しながら50mまで落として止めて待っているとアタリがあり、35~40cmがダブルで釣れた。

なお、大型イサキが釣れた時は、口切れしてバラさないようにタモですくうとよいだろう。私も3尾を口切れでバラしてしまった。昼すぎには予報通り風が吹き始め、波も立ち始めた。釣果は十分なので、1時前に納竿して帰港することになった。

最終釣果

私の釣果はイサキ25~40cm28尾とウマヅラ3尾でクーラー満タンとなった。トップは藤井さんで40尾以上は釣っていた。

コマセイサキ釣りで40cm頭に40尾超え【山口県・FUKURYO】クーラー満タンの釣果に大満足(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
FUKURYO
出船港:下関港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。