SLJ&イカメタルのリレー船で贅沢ルアーフィッシング堪能【福岡県】

SLJ&イカメタルのリレー船で贅沢ルアーフィッシング堪能【福岡県】

SLJ(スーパーライトジギング)&イカメタルのリレー船で贅沢五目釣りを堪能。タチウオや40cm腹パンイサキ、良型アコウが好調。イカメタルではケンサキイカも狙い、福岡の海を楽しんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エル・クルーズでSLJから

7月5日、かねてから行きたかった最近大流行のSLJ(スーパーライトジギング)に釣行。当日は雨は降らず、曇天の釣りびよりとなった。 乗船したのは箱崎漁港から出港するエル・クルーズ

欲張りな五目釣りコースで、タチウオ~イサキ~ケンサキイカ~イサキのリレー釣り。 そううまくいくのか、やってみなくては分からない楽しみな休日。

まずはタチウオ狙いに午前5時に出港し、15分足らずで能古島沖に到着。 当然、周囲は遊漁船やプレジャーボートだらけ。 水深は15mで潮の流れがなく、風もないのでキャストし、幅広く探る。

ジグにまとわりつくような違和を感じた後、ガッとアタリ!指幅3本級のアベレージサイズをキャッチ。 船長に聞くと今季は小型が多く、渋いという。

腹パンイサキがヒット

早めに本命のイサキにと思っていたので、タチウオは2尾だけ釣り、いよいよ玄界島沖に移動してSLJである。 水深は27m、ジグはタングステンの40g。 PEライン0.6号にSLJ専用のロッド。

底を取り、ただ巻きか少しアクションを加える程度でイサキにアピールすると、ファーストヒットは40cm程度のアコウ。

2流し目、横に走る強い引きは、この時期ならではの40cmオーバーの腹パンイサキである。 ライトタックルだと引き味も良い! 同船者にもアタリが出始め、ぽつぽつとイサキやマダイ、アコウなど、SLJならではの釣果。 釣りも楽しいが、イサキなら炙りの刺し身が目に浮かぶ。

SLJ&イカメタルのリレー船で贅沢ルアーフィッシング堪能【福岡県】腹パン大型イサキをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

イカメタルへ変更

連発とはいかなかったが堪能し、本命3魚種目であるケンサキイカ狙いへ移動。 水深40mラインでのイカメタルで、日中ならではのボトム付近のイカを狙う。

感度の良いイカメタル専用ロッドに持ち替え、20号のスッテをセット。 モゾッとかズーンとしたアタリなど、アオリイカとは違って弱いアタリをとらえる感覚はまた違った楽しみである。 ここでも連発とはいかないものの、何とか思惑通りお土産を確保。

SLJ&イカメタルのリレー船で贅沢ルアーフィッシング堪能【福岡県】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

再びイサキ狙いへ

そして最後に、帰り道で再度イサキ狙いへ。 先ほどとは違う釣り場の水深40mラインなので、ジグはタングステンの60gをセット。

いきなりグーンとロッドを絞り込むアタリ。 ドラグからラインが出ていく強い引きだったが、残念なことにラインブレイク。 今度は鉛のジグ50gで、横に走る本命イサキをキャッチ。 先ほどの魚は縦の引きだったので、船長と「大きめの根魚かな」と話をしながら釣りをしていると、あっという間に帰港の時間。

最後に本命のイサキも釣れて、SLJならではの五目釣りを達成。 食卓の刺し身が華やかになるのも、もちろんスリリングなやり取りが楽しめるのもこの釣りの魅力だと感じた。 皆さんも釣行されてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。