サーフでの渚釣りで年無し頭に良型クロダイにマダイも【三重県・紀北】

サーフでの渚釣りで年無し頭に良型クロダイにマダイも【三重県・紀北】

7月半ば、渚釣りでクロダイを狙うため三重県・紀北町島勝浦の海岸へ釣行した。 直近の釣行では、湾奥で一瞬の時合いを捉えて本命3匹の釣果だった。 外洋に面したこの場所はどうだろうか。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木規之)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

紀北町島勝浦で渚釣り

紀北町島勝浦の海岸への到着は午前6時。 いつも心掛けていることだが、まずはまきエサを準備してポイントに20杯ほど投入する。 その後、仕掛けを作り、ゆっくり朝食を取りながら合間にマキエを打ち、慌てずに寄せることに専念する。

渚釣りでの実釣開始は1時間後の午前7時。 釣り始めは風もなく波も穏やかだったため、00のウキにハリスは3ヒロ、ハリ上1ヒロにG6のガン玉を打ち、ウキ止めなしで全層を狙う。 サシエはボイルオキアミオンリー。

1投目からさしエサが残らないが、渚で厄介なフグではない様子。 ちょくちょく釣れてくるのは20cmほどのイナダやシオ(カンパチの幼魚)だ。

時合い到来でクロダイ連発!

釣り始めて3時間後、さしエサが残ることが多くなったタイミングで、今までと違いラインが浮き上がるアタリ。 大きくはないが本命っぽい引きで、寄せたのは33cmのクロダイだった。

その10分後にはラインが走るアタリで十分な重量感。 良型クロダイを確信したが、なんと48cmのマダイ。 うれしい外道だ。 さらに明確なアタリで50cm、42cmと本命のクロダイを連発。 ハリ外れのバラシの後は再び沈黙の時間となった。

サーフでの渚釣りで年無し頭に良型クロダイにマダイも【三重県・紀北】サオを出した島勝浦の海岸(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木規之)

大物のアタリがくるも

昼を過ぎると、天気予報通り向かい風が強くなり、ウネリもきつくなった。 さらに雨も降ってきた。 さしエサを安定させるためG2×2個まで試してみる。

そんななか、久しぶりにラインをひったくるアタリ。 重量感たっぷりで良型を期待したが、巨大なボラだった(笑)。 時間は少し早いが、これにて納竿。 前回に引き続き、一瞬の時合いを捉えた形となった。

例年より日照時間が少なく雨が多い冷夏の影響もあるのだろうか?一瞬の時合い以外は反応がないという釣行が続いたが、本来ならコンスタントに釣れるシーズン。 不調とはいえ粘ればボウズは少ない時期なので、積極的に挑戦してほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・鈴木規之/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
島勝浦周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。