ジギング&タイラバでハチビキに60cmマダイ ショートジグがアタリ

ジギング&タイラバでハチビキに60cmマダイ ショートジグがアタリ

梅雨入りで荒天続きのなか、三重県志摩市和具のルアー船に7月5日、単独釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ提供:APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ショートジグにヒット!

当日は午後から荒れるとの予報に、午前4時半の出船となった。釣り座はウネリを考慮して、私はトモを選択。同僚の辻本さん、加藤さんとトモから並んだ。他のアングラーは3人で胴となった。

深谷水道を出て予想以上のウネリのなか、大王崎沖へ走った。

ポイントは70mライン。ショートジグがいいとのことなので、TGベイト150g緑金で開始。

ジギング&タイラバでハチビキに60cmマダイ ショートジグがアタリタックル図:最初はショートジグ使用(作図:APC・伊藤明洋)

すると、いきなり辻本さんに大物がヒット。ドラグが鳴りだした。続いて加藤さん、私にもヒット。加藤さんの強い引きは良型のワラサ。

私の方は確かに重量感もあり、時折ラインを引き出していくが、青物ほど強くはない。隣で強烈な引きに耐えていた辻本さんは痛恨のラインブレイク。

私に上がってきたのは3kg超のハチビキだ。いきなりの時合いに船上はヒートアップ。

胴でもハチビキやサバが続いたが、青物からの魚信はこない。青物、青物と念仏を唱えるように速巻きやスローピッチジャークを繰り返すが、食うのはサバばかり。

タイラバで60cmマダイ!

8時を回ったころ、60mラインに来たので、タイラバにチェンジ。

オレンジヘッド150gにオレンジのネクタイ。フックにワームを装着した。ドラグを緩めにし、速巻きで開始する。

何度か繰り返すが、全くアタリなし。

ここで作戦変更。巻き上げ速度を超スローにすると、ボトムから10m付近で反応が出た。

コツコツとしたアタリが続き、やがてバットに重量感が乗る。ドラグからラインが引き出され、マダイ特有のたたくような引きが伝わる。

上がってきたのは60cm超のマダイ。無事船長のタモに収まった。作戦的中に思わずニンマリだ。

ジギング&タイラバでハチビキに60cmマダイ ショートジグがアタリ60cmマダイ(提供:APC・伊藤明洋)

さらにタイラバを続けたが、そう甘くなくジギングに戻した。

やがて空模様は怪しくなり、真っ黒な雲が漂ってきた。急いでカッパを着た途端に大雨。何とか間に合った。

300gジグでヒラメヒット

土砂降りは通り雨だったが、低気圧の影響で波が大きくなってきたので船長は志摩沖まで船を戻す。

潮が2ノットで流れるため、スパイナロー300gにジグを交換。すると早速ヒット。

小気味よく上がってきたのは、なんとヒラメだ。40cm程度と大きくないが、ジギングでの初物なので素直にうれしい。

辻本さんや加藤さんは大きなホウボウを次々に取り込む。

最後に浅場でスーパーライトジギングをやったが、全員がノーヒットのまま終了。

11時半に沖上がりとなった。

釣果は65cmのマダイを頭にハチビキ、ヒラメ、サバ6匹。厳しいながらも、おいしい魚が盛りだくさん。満足の釣行となった。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。