波止フカセ釣りで46cmクロダイ タナは底スレスレ【千葉・乙浜漁港】

波止フカセ釣りで46cmクロダイ タナは底スレスレ【千葉・乙浜漁港】

7月13日(土)夜釣りのメジナとイサキの釣果がよかったので、今度はクロダイ狙いのフカセ釣りをと思い、そのまま南房・乙浜魚港へ移動した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

まずはコマセ作りから

5時まで洲崎の地磯で竿を出していたので、港には6時に到着。まず、仮眠して疲れを取る。11時ごろ目を覚まして港の様子を見ると、濁りがあってよさそうな条件だ。

今回用意した追加コマセは、オキアミ3kgにチヌパワームギスペシャル1袋とオカラダンゴ1袋を混ぜ合わせる。

仕掛けは、スリムチヌⅡを使用した立ちウキ仕掛けを用意、付けエサは生オキアミと練りエサを準備した。

波止フカセ釣りで46cmクロダイ タナは底スレスレ【千葉・乙浜漁港】当日の釣り座(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

海底スレスレのタナで46cmクロダイ!

慎重に水深を測って、タナは海底スレスレの5m付近で始める。エサ取りは少なく、生オキアミでも十分通用する。心配した小サバもいないので、本命が寄ってくることを信じてノンビリと構えてアタリを待つ。

鏡のような海面に漂っているウキを見ていると、スポンと入ったので、アワせると、一気に沖に走りだした。

あまりにも引きが強いので、「ボラかも」と思いながら、本命を期待して慎重にリールを巻くと、きれいなクロダイの姿が見えた。

足元まできても下に突っ込みを繰り返す元気を見せるが、観念したところでタモ入れに成功。検量すると46cm。

波止フカセ釣りで46cmクロダイ タナは底スレスレ【千葉・乙浜漁港】やった!46cmクロダイ(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

開始早々の時間に本命が釣れて爆釣を期待するが、その後アタリなく、沈黙の時間が過ぎていく。

ヘダイゲットで納竿

満潮帯となって潮の動きは悪くなり、しばらくアタリはなかったが、下げ潮になった16時ごろ、再度ウキが消し込んだのでアワせる。大型のアイゴにガッカリ。

コマセが少なくなってきた18時、アクセントをつけるため、どんどん撒いてアタリを待つ。

すると、怪しい反応があり、少しタナを浅めにすると明確な反応となって現れた。慌てて竿を立てると、クンクンと小気味いい引きが伝わる。

上がってきたのは25cmほどの銀色に輝くヘダイ。傷つけないよう慎重にハリスを切ってライブウェルにキープ。

波止フカセ釣りで46cmクロダイ タナは底スレスレ【千葉・乙浜漁港】ヘダイ26cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

同型を追加したところでコマセがなくなり納竿。

<週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
乙浜魚港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。