2日間ボートシロギス釣りで40尾超え マイポイント発見!【兵庫県】

2日間ボートシロギス釣りで40尾超え マイポイント発見!【兵庫県】

梅雨も明け、夏も本番に近づくとシロギスシーズンも最盛期に突入し、釣り欲が湧いてきます。そこで今回は、瀬戸内海の家島諸島上島周辺で、シロギスボート釣行へ赴きました。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明
丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

丸山明の担当記事を読む
×閉じる

船釣り ボート釣り

瀬戸内海のシロギス釣り

スズキ目スズキ亜目キス科キス属で、アオギスと区別するためにシロギスと言いますが、通常はキスと言えばだれもが思い浮かべる、まことにきれいで上品な味わいの魚です。年々個体数が減少している感が強く、瀬戸内では25cmを超える大型は、ここ何年か見ていません。

さて、そのシロギス(以降キス)釣りは、夏が近付くとどうしても狙いたくなる対象魚のひとつです。今でも姫路港からキス狙いの乗合船が出航していおり、その人気が伺えるでしょう。

小物釣りが楽しい季節

同様に瀬戸内の小物釣りでは、キューセンベラがいますが、この釣りも捨てがたいものです。大型さえ期待しなければ、防波堤からでもポイントに当たれば釣果に恵まれます。

また、ボート釣りで2馬力のミニボートでも射程内です。海水浴場などの砂地の沖合で、思わぬ釣果に恵まれます。暑い夏の楽しい一日を過ごせる釣りができます。

家島諸島周辺でポイント探し

兵庫県の家島諸島周辺は、砂地が多くキスのポイントが点在しています。今日のポイントは、明石に近い上島北側の砂地を狙います。水深20~22m。砂地のフラットな地形で、所々に小さな起伏があり、キスが回遊する場所でしょう。磯場は無いので、根がかりの心配はないものの、ゲストにベラが来ることもない、キスを狙うポイントです。

2日間ボートシロギス釣りで40尾超え マイポイント発見!【兵庫県】家島諸島上島の北側がポイント(提供:WEBライター・丸山明)

ボートキス釣りのタックル&仕掛け

実に簡単なもので、子供が堤防で遊ぶような道具立てで十分で、シンプルな方がダイレクトな釣り味です。

今回は、エサは石ゴカイを使用し、一匹掛けでシロギスを狙います。また瀬戸内では、オモリは12号を使いましたが、浅い場合はもう少し軽いものを選んでもいいかもしれません。

2日間ボートシロギス釣りで40尾超え マイポイント発見!【兵庫県】タックル例(作図:TSURINEWS編集部)

仕掛けの動かし方

エサの石ゴカイは、1匹がけのため、食わせる送りするハリがかりになります。最近のキスは、小さいエサで積極的にアワセという展開になりにくい印象があります。そのため大きく目立つ1匹がけで食わせていく釣り方が正解のようで、当日もそれが功を奏しています。

これが、ヒラメやマゴチの活きエサとしてキスを確保するならば、口にハリをかける必要がありますが、キスがメインターゲットの場合はしっかりと食わせましょう。

細めのハリスの1本仕掛けは、エサを漂わせ目立たせる効果があります。また遠投の投げ釣りと違い、手返しの速さも良くなります。モトスとハリスはチチワ結びで軽くして、海底から少し上を漂い、それを見つけた遊泳中のキスが飛びつくようなイメージです。

アタリに対して送り込むので飲みこまれることも多く、またハリスも細いのでパーマネント状にもなり、ハリスをセットしたハリを用意して、すぐに交換ができるようにしておくのも、釣果向上のポイントです。

次のページでファーストヒット