東京湾で人気の『夜メバル&カサゴ』初心者入門 タックル〜釣り方

東京湾で人気の『夜メバル&カサゴ』初心者入門 タックル〜釣り方

東京湾夜釣りの人気ターゲット「メバル・カサゴ」。小気味いい引きで短時間でも十分に楽しませてくれる。本項では出船エリアや必携アイテム、タックルなどを解説する。

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タックル

東京湾エリアの夜の船メバル・カサゴタックルについて解説。

竿

東京~神奈川地区では1.8~3m、オモリ負荷10~15号のメバル専用の胴調子(6対4)。軟らかめのルアーロッドやコンパクトロッドも代用可。

内房地区では2~8号の軽いオモリを使うため、硬いものは食い込みが悪い。仕掛けが意外と長いので、それに見合った長さを使う。

リール・ミチイト

小型両軸。ミチイトは、PEライン1~1.5号を100m巻いておけばOK。サキイトとしてフロロカーボンライン3~4号を80cm~1.5m直結。

仕掛け

胴突き2~3本バリ。ミキイトはフロロカーボンラインの1.5~2号、枝スは同1~1.5号で長さは30cmを基準に状況により25~40cmほど。枝間は50~70cm。大型のカサゴが交じるポイントでは2号前後を使う人もいる。

枝スの接続にはクロスビーズなどを使用すればミキイトへの絡みを防げ、交換が容易になる。ハリはメバルやヤマメ8~10号か丸セイゴ11~12号。

オモリは地域や狙うポイント、船宿によりかなりの違いが出るので、事前に確認してから用意するのが無難。

消波ブロック帯や根周りなどを狙うので、根掛かりはつきもの。仕掛けやオモリの予備を多めに用意しておきたい。短時間の釣りなので、オマツリした場合などは、新しい仕掛けに替えたほうが効率的。

エサについて

夜釣りでは青イソメが主流。頭は取らずに口の部分から刺してチョン掛け。タラシは10~15cmで、長いとアタリは多いがハリ掛かりが悪くなる。ダラリと伸びきってまったく動かなくなるとアタリが減るので、こまめに点検する。

釣り方

誘い方からフッキングまでを解説。

ポイント

釣り場は港から至近。岸壁やテトラ帯など周辺で、水深は5~10m。さらに浅場を攻めることも。時期や場所によっては、メバルとカサゴの釣れる比率が異なるので、事前に確認しよう。

投入~誘い

投入後、オモリが底に着いたら素早くイトフケを取り、底から30cmほど上げて、タナをキープ。20秒くらい待ってもアタリがなければ、竿先を50cm~1mほど上下させて誘いをかける。

誘い方は、できるだけスローに、大きなストロークで。

釣り場の底は起伏に富んだ所が多い。時折、オモリを底に戻し、再び底を切って底ダチを取り直すことが必要。これは同時に誘いにもなる。

基本的にはカサゴは底付近、メバルは活性が高い場合は中層~表層まで積極的にエサを追ってくる。

東京湾で人気の『夜メバル&カサゴ』初心者入門 タックル〜釣り方夜メバル・カサゴの攻略イメージ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

アタリ

前アタリでアワせてもなかなかハリ掛かりしない。少し送り込んでから次の引き込みを待つ。

ハリ掛かり~

ハリ掛かりしたら、遊ばせずにすぐに巻き上げる。のんびりしていると、ハリ掛かりしたまま根に潜られてしまう。

根掛かりかと思ったら、じつはアタリを見逃していただけで、ハリ掛かりした魚が根に潜られたというケースも多い。

便利グッズ

手元は暗いことが多いので、ヘッドライトは必携。

またメバルもカサゴも、毒性はないが鋭いトゲがある。魚を持つときはケガをしないように、フィッシュグリップがあると便利。

東京湾で人気の『夜メバル&カサゴ』初心者入門 タックル〜釣り方小型のフィッシュグリップがあると便利だ(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部)

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年7月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。