キス釣り&マイクロジギング&タイラバの贅沢リレー船【兵庫:海幸丸】

6月19日、釣り友達である数田さんグループのお誘いを受け、徳島・鳴門沖釣行に同行させてもらった。お世話になったのは兵庫県南あわじ市・伊毘漁港発のチャーター船、海幸丸。気さくな坂口船長の腕前はピカイチ。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海幸丸でエサ釣り&マイクロジギング

乗っ込みのマダイは終盤を迎え、現在の釣り物はタイラバでマダイやアコウ、スズキ、エサ釣りでキスやベラ。回遊があれば青物なども狙え、とにかく年中何かしら釣れる鳴門エリア

今回はマイクロジギングとタイラバで釣れる魚を狙い、ゴカイで旬のキスも釣るというコース。

タックルはタイラバ、マイクロジギングともにサオが紅牙、ラインはPEライン1号、リーダーはフロロ4号。

数田さんたちは早朝から、私は途中参加で午前10時から乗船。早速イケスの中を見せてもらうと、30~40cmの型揃いなマダイが多数!すべてマイクロジギングとタイラバでの釣果とのこと。

イケスにマダイ多数(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

まずはキス釣りから

ゴカイを付けてキス狙い(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

まずは潮が走る時間まで丸山沖でキス狙い。

何年ぶりかのキス釣りだが、これはこれでハマる釣り。

タイラバロッドで対応でき、テンビンにオモリ30号、船キス釣り仕掛け2本バリをセット。

ゴカイをチョン掛けして投入し、オモリが着底すると底をトントン叩いてひたすら誘う。

そしてゆっくり誘い上げてから次にサオ先を下げて送り込んで食わせる、と教わったことがある。

イメージ的には、砂煙を立ててそこからゴカイが浮き上がり、魚の注意を引いたところでクワセの間を与えるという感じ。

ただ待っているよりずっと釣れる。コンコン!と叩く引きは結構ヤミツキもの。

良型キス連発

グッドサイズを手に(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

普段ルアーオンリーでキス釣り初めての西山さんも、コツをつかめばすっかりハマった様子。結構奥が深い釣りだ。

ミヨシの前田さんはコンスタントに、数田さんは食い渋い中で良型ダブルも!私と同じトモの下川さんはスピニングでキャストしポンポンと釣り上げる。時々青ベラも交じるが、淡路沖の青ベラは格別に美味しいのでキープ。

前日とはうってかわってかなり渋い釣果のようだったが、潮が終わったので鳴門大橋周辺に移動した。

良型ダブル!(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

次のページでマイクロジギングへ!