オフショアジギングでビンチョウマグロ全員安打 フォール&ストップがアタリ

オフショアジギングでビンチョウマグロ全員安打 フォール&ストップがアタリ

4月23日の釣行は、久しぶりに日本海のマダイか苦手なアカムツか悩んでいると、みっちゃんの「ビンチョウが釣りたい」というリクエストで、三重県・志摩沖のビンチョウマグロ(トンボ)祭りに行ってきた。

●三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

トロ丸にて志摩沖オフショアジギングへ

今回は三重県志摩市越賀のトロ丸へ。前日の電話で船長から、「今日は完全試合でした。明日は東の風でポイントに行けないかもですがいいですか?」と連絡があった。中村豪さんとそらなさゆりさんが調査釣行で乗船と聞き、中村さんにいろいろ話も聞けるので迷わずに行く返事をした。

中村さんが地元の海で釣りをするときは魚がいなくなる、さらに今回は私がクーラーボックスを持っていくと負のダブルジンクス…。

でも釣れる釣れないは行かないと分からないし、行かないと絶対に釣れない!

当日の状況とタックル

船着きに午前4時半に集合。中村さん、さゆりさんと他に乗船者が1人。あいさつを済ませ、ジャンケンで場所決めをし、中村さんたちはミヨシ、私たちはトモで真ん中に1人で来たアングラーが入り、5時ごろに出船。すると「あれ?予報より風がないですねぇ。ビンチョウに行きます。」と船は南へ。それでもウネリがあり、2時間弱でポイントに到着した。

私はロジカル70#2にブルーヘブンL30、スーパーファイヤーライン2号、リーダー8号、ジグはスパイN250gと前回のタックルで狙う。厳しいことは分かっていたが、同船者にペンペンシイラがヒットするだけで、本命からのコンタクトがない。

船長もいろいろポイントを流し直すと、さゆりさんに本命らしいアタリがあったが残念ながらバレてしまった。それでもアタリがあったことで気持ちが切り替わった。

ジグ送り込み10kgビンチョウマグロ!

100mぐらい落として50mぐらいまで5回ワンピッチをして食わせのフォール、10回ワンピッチをして食わせのフォールを入れたりストップしたり、何度目かの流し直しでジグを回収してを入れ直すと、80m付近で一瞬ジグが持ち上がるような感じがした。怪しい…。

10mほどラインを出して誘いながら、怪しいレンジまでジグをシャクってポーズを入れると、ポンッとアタるが乗らない。ティップを下げてジグを送る感じにすると乗った!「食った!食った!」私は10kg弱のビンチョウをキャッチ。隣でみっちゃんは同じレンジで食わせたが、何か違う上がってきたのはカツオだったが、釣りたかった魚ひとつキャッチだ。

オフショアジギングでビンチョウマグロ全員安打 フォール&ストップがアタリ10kg弱のビンチョウマグロをゲット

フォール中のストップで連発!

船を入れ直すと船長が「70m付近が何やら怪しいです。」とアナウンス。今度はフォール中にストップを入れながら落とすと、50m付近でヒット。「フォール中の50mです。」と言うと、隣でみっちゃんも掛けてさゆりさんも掛け、中村さんも掛けた

オフショアジギングでビンチョウマグロ全員安打 フォール&ストップがアタリ本命ゲットで笑顔を披露

中村さんはしっかりレンジをアジャストし、さゆりさんも大風のなか笑顔で写真に応えてくれた。

次のページで全員安打に笑顔