沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】

まだグレが釣れだしたという情報はなく期待と不安が入り混じる中、5月6日、波止グレ(メジナ)初体験の釣友二人を含む4人で谷一渡船にお世話になり、兵庫・神戸港の沖に位置するポートアイランド赤灯波止、通称ポーアイ波止に、フカセ釣りでグレを狙って出掛けた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ポートアイランド赤灯波止でフカセ釣り

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】通称・ポーアイ赤灯の釣り場風景

超大型連休となった今年のゴールデンウイーク。例年大阪湾の沖波止では、この時期になるとチヌと入れかわりでグレが釣れだし、フカセ釣り師を魅了する。昨年は寒波による低水温の影響でグレが越冬できず不調であったが、今年は暖冬であったため期待ができる。

近隣の和田防や新波止でもグレは狙えるが、まだチヌが好調ということもあり、人混みを考慮して今回は比較的空いているポーアイをチョイスした。青物やサゴシ、シーバスも好調とあって、船内は20人を超える釣り師で賑わっていた。

当日のエサ

まだ暗い午前3時半に出船のため、ポイントに着いてもまだ暗く、ゆっくりと釣りの準備を開始した。当日用意したまきエサはオキアミ3kgにグレパワーV9徳用と爆寄せグレを混ぜ合わせたもの。さしエサは生オキアミSサイズを用意。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】使用したエサ

タックルはチヌザオ1号にレバーブレーキ付きスピニングリール、ミチイト1.5号に直結でハリス1.2号を結び、ハリスにウキを入れた全遊動仕掛けを組んだ。ウキは0浮力で、グレバリは4号を結んで潮やエサ取りの状況によりジンタン7~8号を打った。釣り開始は潮受けマーカーをハリから1.5ヒロの所にセットした。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】当日のタックル

1投目から45cmのチヌ

ようやく空が白み始めた5時に釣りを開始。その1投目、ゆっくり沈下するマーカーがいきなり加速するアタリ!アワせると重量感のある引き。しかしグレほどのスピード感がなく、やがて姿を見せたのは45cmのチヌであった。

やがてオセンや海タナゴのエサ取りが出だしたので、テトラ際とサオ2本沖にまきエサを打ち分離させる作戦に。これが功を奏し28cmクラスの波止では良型となるグレを手にした。

マーカー調整でグレが連発

そしてエサが全く残らなくなったのでグレの仕業と感じ、マーカーをハリから1mの所にずらして釣り開始。これが正解で25~29cmのグレがポツポツと食いだし、シャープな突っ込みでロッドを絞り込んで楽しませてくれた。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】当日最大の29cmのグレ

ここで私はサオを置き、まだ釣れていない釣友の所へ行って釣り方をレクチャーした。するとすぐに本命のグレのアタリをとらえ、全員グレの顔を見ることができた。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】初グレを仕留めた釣友

そこで私も釣りを再開したが、そのころには潮が止まってしまい、グレが渋くなってしまった。渋い時はハリスを1号に落としてハリも3号にサイズダウンし、違和感を少しでもなくすことで、ポツポツと釣ることができた。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】もう一人の釣友も無事初グレを手中に

次のページで最終釣果発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。