沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】

まだグレが釣れだしたという情報はなく期待と不安が入り混じる中、5月6日、波止グレ(メジナ)初体験の釣友二人を含む4人で谷一渡船にお世話になり、兵庫・神戸港の沖に位置するポートアイランド赤灯波止、通称ポーアイ波止に、フカセ釣りでグレを狙って出掛けた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

最終釣果と今後の展望

しかしこの日はチヌが終始元気で、釣れるタナも1ヒロ以内まで浮いてくる始末。型もよく最大49cmまでを8匹釣り上げた。とはいえ、潮が動くとグレの活性も上がり、真っ青なグレが姿を見せてくれて、納竿のお昼までに15匹釣ることができた。釣友も3~4匹グレを釣ることができ、波止グレの難しさと楽しさを味わえたようだ。

沖堤フカセ釣りグレ乱舞 49cmチヌも【神戸・ポートアイランド赤灯台】チヌも元気で49cmを手中に

波止グレの魅力は、ゲーム性の高さ。まきエサとさしエサの同調が大前提となり、まきエサ、仕掛けの投入、ラインコントロールの手返しを早くし、小さいアタリをとらえるかが釣果を伸ばすコツである。引きも30cm前後となると猛スピードで突っ込むので、バラしやすくなる。いかにグレを怒らせずに浮かせるかがコツである。

当日は29cmが最大であったが、これからは30cmを超えるグレも交じるので、皆さんもゲーム性の高いグレを狙ってみてはいかがだろう?

<谷脇英二郎/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
谷一渡船

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。